普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

本当の話だったのか

今日、19歳の大学生と話をしていたのですが、円周率を「3」として教えられたということです。本当の話だったのかとびっくりしました。彼らが悪いのではありません。それを採用した大人が悪いのです。かわいそうな話です。誰が責任を取るのでしょうか。
[PR]
# by fumonken | 2013-11-28 20:34 | 日課抄・歳時記

Kawaii

Kawaii。Hawaiiではありません。カワイイです。近年、日本のファッションや音楽、アニメなどの文化は、海外でも人気が高まっています。中でも「Kawaii」という感覚がはやっているようです。英語で「Kawaii looks」とは古風な少女、または可愛い少女の格好を意味していて、フリルやレース、頭にリボンの飾りをするファッションを「Kawaii」というように使いますね。

その「Kawaii」ですが、もともと「顔映ゆし」と書き、「かほはゆし」と読みます。「かほはゆし(顔映ゆし)」→「かははゆし」→「かはゆし」→「かわゆい」→「かわいい」という音に変化したと考えられいます。

「顔映ゆし」は、顔+映ゆしですが、「はゆし(映ゆし)」は「まばゆし(目ばゆし)」が「目を開けていられない」くらいの感情を表す言葉です。「相手がまばゆいほどに(地位などで)優れていて、顔向 けしにくい」という感覚で「気恥ずかしい」の意であり、それが転じて、中世には「いたわしい」「気の毒だ」の意に転じ、不憫な相手を気遣っていたわる意味になります。

中世といえば、日本的なる美意識が生まれ始めた時代です。「いとをかし」「幽玄」「はかなさ」「もののあわれ」…。それらに共通している美意識は、小さいもの、かすかな音、ほのかな動き、弱いもの、不憫なものに対して手を差し伸べたくなる美的感情です。小さなもの、不憫なものに対する気の毒さ、いたわしさが、やがて愛おしさに転じて、「かわいい」という意味につながっていきます。

実はこれらの美意識を表す言葉は、何を隠そう、仏教の小さな命に対する慈悲の感情、命に対する無常観が日本語として成立したと言うことなんです。

ただ視覚的に「かわいい」と思うのではなく、この小さな命に対して慈悲、そして命も永遠ではない無常観をもって見ることで、日本的な奥深い美意識を持つことになっていくでしょう。「いとをかし」「幽玄」「はかなさ」「もののあわれ」、そして「かわいい」。大切にしたい日本の美意識です。
[PR]
# by fumonken | 2013-11-10 17:05 | 日課抄・歳時記

お八つ

午後三時と言えば、おやつの時間。おやつは「お八つ」と書きます。
一日を十二支で12等分していた昔の時間の数え方で、8つ目の頃(今の午後3時)に食べたことからこういうようになりました。

禅寺には「点心」という言葉があります。「点心」という言葉は禅語『空心(すきばら)に小食を点ずる』からきたといわれております。疲れたときにちょっと何かをつまむと気分が変わるものです。また仕事仲間と一服の時間を過ごすと、また残りの時間も張り合いも出てきます。

「おやつ」とはおいしいお菓子を食べると言うことではなく、。心境を転換するということなのです。
[PR]
# by fumonken | 2013-10-31 10:41 | 日課抄・歳時記

本当の自分

本当の自分。普門軒に投宿される方々の多くは、この自問をもって、こられます。本当の自分とは。これを禅の言葉では「本来の自己」と言ったり、「本来の面目」と言ったりします。
曹洞宗を開かれた道元禅師は本当の自分と題する歌を読みました。

春は花 夏はホトトギス 秋は月 冬雪さえて冷(すず)しかりけり
[PR]
# by fumonken | 2013-10-27 21:11 | 禅・仏教について

世界の国会議事堂…スロバキア共和国

c0154437_1533548.jpg
私はスロバキアにまだ行ったことはないのですが、私にとってとても大切な国です。私の中にある懐かしいヨーロッパを感じています。小さい小さい国です。私は昨年、この小さな国から来た人と親しくさせていただいて、とてもとても私の世界観が変わっていきました。

日本に住んでいると、一つの国で、一つの言葉で、一つの民族で連なってきた一つの歴史、日本史が、当たり前のように感じてしまうのですが、スロバキアを知るにつれて、そのことはとても特別な事なんだとわかってきました。

スロバキアを国の歴史みると、
スロバキア地域に「今の」スロバキアという国ができたのは1993年です。
その前は1945年(日本の終戦期)から1993年までチャコスロバキアという国がありました。
その前は1939年(昭和初期)から1945年まで「前の」スロバキアという国がありました。
それ以前にはスロバキアという国号はありません。
ただし第一次世界大戦後1918年(大正期)から1938年まで「前の」チャコスロバキアという国があり、スロバキアという地名がはじめて国号になりました。
したがってスロバキアという「国」の歴史は先の6年と今の11年です。

「今の」スロバキアスの人口は約550万人。言語はスロバキア語です。85%近くの人がスロバキア人で、日本のように比較的均一性の高い国民国家といえます。

私にとって今以て不思議に感じることは、一定の地域に一定の民族が、独自の言語を持ちながら、「国」としての歴史は20年足らずである。国としての独立がなかったのか。国としての独立が「良い・悪い」というわけではなく、日本のような国に生まれた人間としてみるととても不思議な感じがします。

スロバキアとの出会い、そこから見えてきた世界観を話すととても長くなりますので、ここはいつもの話題に切り替えます。

スロバキアの議事堂本館はブラチスラヴァ城に隣接する高台に建ちます。この建物はチェコスロバキア時代の1986年に建設がはじめられ、東欧の革命のため1989年に中断され、1993年に完成します。
[PR]
# by fumonken | 2013-10-20 15:00

世界の国会議事堂…台湾

c0154437_94355.jpg
台湾の国会議事堂は立法院議事堂と呼ばれています。1960年以後は立法院の議事堂として使われている建物が下の写真です。この建物は日本統治時代の1919年に「台北州立台北第二高等女学校」校舎として建てられたものです。とても立派な校舎ですね。「台湾にもナンバーズスクールがあったのか」と、これは興味深いと思い、少し調べました。ちなみに「ナンバーズスクール」とは、戦前、エリート校を通称ナンバースクールと称しました。例えば国単位では、「一高(第一高等学校=現在の東京大学)」や「二校(第二高等学校=東北大学)」「三高(第三高等学校=京都大学)」など、また地方単位では京都府立第一中、京都府立第二中といったように旧制中学をナンバーズスクールと呼んでおりました。そのナンバーズスクールが台湾の女子校にもあったようです。六校まであったようです。ただし、「一校」と「二校」の在学生はほとんど内地人(日本人)だったそうです。一方他の四校の在学生は内地人と本島人(台湾人)であったそうです。ちなにみ現在でも、旧一高と旧三高は伝統校として台湾でもトップの女子校だそうです。
[PR]
# by fumonken | 2013-10-15 07:38

よくブログを読んでから連絡を下さい。

最近、

「今日、2名1泊空いていますか?」

と電話をかけてくる方がおられます。ここは宿屋ではありません。投宿をされたいと思う方は、まずちゃんとブログの「宿坊について」を熟読して下さい。

重ねて申し上げます。ここは宿屋ではありません。修行をしようと思う方が集まるお寺です。投宿とは「投げうって宿するところ」です。
[PR]
# by fumonken | 2013-10-12 16:04 | 宿坊について

ずいぶんと変わりました

普門軒の住職として10月14日で5年が過ぎました。グーグルアースの画像があったので、載せてみます。私が入る前のお寺と、入ってからとちょっと緑が減ったかな。上が5年前までの普門軒です。下が、現在の普門軒です。
c0154437_14205467.jpg
c0154437_1421651.jpg

[PR]
# by fumonken | 2013-10-11 14:21 | 日課抄・歳時記

世界の国会議事堂…ウガンダ共和国

アフリカ大陸の国会議事堂の紹介です。ウガンダ共和国です。ウガンダは1894年にイギリスの植民地となり、1962年に独立します。ウガンダという名称はかつてあったブガンダ王国の名称をスワヒリ語読みにしたそうです。国会議事堂の建物の建設は1958年に開始されたそうです。建物のことはこのくらいしかわかりませんでした。先日紹介したカナダもそうですが、かつてイギリスの植民地であった国の国会議事堂は英語でParliamentと表記するところがほとんどです。ちなみに「parl」とはラテン語で「話す」という意味です。フランス語で「話す」を「 Parlez」と書きます。英語で「会談」のことを「parley」と書きます。
c0154437_7344615.jpg

[PR]
# by fumonken | 2013-10-09 07:41

世界の国会議事堂…カナダ

カナダの国会議事堂は、真ん中に平和の塔と呼ばれる中央棟と東西の棟の3棟で構成された、ネオ・ゴシック様式の建物です。創建は1866年になりますが、現在の建物は1922年の再建です。中央の平和の塔は高さ92mで、カナダの戦没者を追悼するものです。靖国神社を反対する人々にとってはとんでもない国会議事堂になりますね。
c0154437_6174728.jpg

[PR]
# by fumonken | 2013-10-08 10:19

すっかり秋になりました

春夏秋冬。日本には四季があります。これに梅雨と台風を合わせると6つの季節をもつ日本列島。実に2ヶ月ごと季節が変わる計算になります。確かに2ヶ月前というと8月です。暑かったですね。本当に今年の暑かった。2ヶ月後。12月です。寒いですよ。これが日本の季節です。
[PR]
# by fumonken | 2013-10-03 20:20 | 日課抄・歳時記

世界の国会議事堂…アルゼンチン共和国

c0154437_2171379.jpg
アルゼンチンは1810年に独立したあたらしい国です。国民会議議事堂は1906年に完成。古代ローマ様式の威厳ある建物です。アルゼンチンは連邦制国歌ですから、国会はCongressになります。ちなみに立法府の英語訳は大きく3つに分かれます。Congressは、アメリカなどのように複数の自主独立し自治体の集合体、連邦制の国の立法府に対して使われます。congressは、ラテン語の congressus (con-共に+grad踏む)から来ているそうです。故に地方の代表が集まる議会という意味になります。
[PR]
# by fumonken | 2013-09-30 21:01

大丈夫かな

消費税の報道はどうでしょうか。国も政治家も、官僚も、マスコミも大丈夫でしょうか。安倍首相はまだ「増税を決断した」とは語っていない(らしい)のに、また、菅官房長官も公式会見で「安倍首相はまだ決断していない」と指摘していたにもかかわらず、マスコミは『増税を決断』と繰り返し報道するのでしょうか。

マスコミは情報を真実という価値よりも、誰よりも先にという商品として扱ってはいないでしょうか。情報管理と知る権利は矛盾しないと思います。国に限らず、どんな組織でも、大切な情報は管理し、時期を見て発表し、国民の知ることとなります。事前にこんなにも情報が漏れ漏れで本当に大丈夫なのか、心配です。私として大どんでん返しで、消費税の増税延期という発表になってくれることを望んでおりますが。
[PR]
# by fumonken | 2013-09-26 08:31 | 日課抄・歳時記

世界の国会議事堂…ウクライナ共和国

ウクライナの国会議事堂は、ヴェルホーヴナ・ラーダと呼ばれ、ウクライナ最高議会堂というそうです。1938年に建てられたそうです。こちらは宮殿ではないそうですが大統領公邸と迎賓館はマリア宮殿を利用しています。議会堂は二つの公園に囲まれています。
c0154437_20143711.jpg

[PR]
# by fumonken | 2013-09-25 20:14

世界の国会議事堂…トンガ王国

この小さな白い建物。これはトンガ王国の国会議事堂です。人口が10万人くらいですから、国会議員も少ないし(32人)、この位の規模の建物では大丈夫なのかもしれません。王様がいらっしゃいますので、日本と同じで立憲君主国です。
c0154437_895427.jpg

[PR]
# by fumonken | 2013-09-24 08:10

世界の国会議事堂…タイ王国

タイの国会議事堂は国民議会議事堂と呼ばれ、もともとアナンタサマコム宮殿でしたが、手狭になったため、1974年にいまの国会議事堂が3年間かけて完成しました。モダンな国会議事堂です。もうすぐ3代目の国会議事堂の建設に取りかかるようです。
c0154437_23292576.jpg

[PR]
# by fumonken | 2013-09-23 17:29

世界の国会議事堂…グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

英国議会が議事堂として利用している建物がウエストミンスター宮殿です。ヨーロッパでは王宮を議事堂として利用している国が多いようで、英国もその一つです。そのため英国では国会議事堂と言わずに、今でもウエストミンスター宮殿と呼んでいるそうです。以前の宮殿(議事堂)は1834年火災によって焼失したので、1840年に礎石が据えられ、建物の主要部分は1860年に完成しました。日本で言う幕末期のことです。その後、ウェストミンスター宮殿は1941年にドイツ軍の爆撃によって庶民院(衆議院)が破壊された。1950年に再建されました
c0154437_1234303.jpg

[PR]
# by fumonken | 2013-09-22 12:34

世界の国会議事堂…フランス共和国

フランスの国会議事堂の変わっていることは、上院(元老院)はリュクサンブール宮殿、下院(国民議会)はブルボン宮殿とそれぞれ建物が異っていることです。議会政治が始まったころは、階級が非常に強く庶民は庶民、貴族は貴族で集合する建物まではっきりと別れていたその名残といえます。他のヨーロッパ諸国と同様にやはり宮殿を使用しています。この場合の宮殿とは日本語で言う離宮のようなものです。上の写真の上院のリュクサンブール宮殿は1615年、王様の母親のために建てられ、1799年から議事堂として使われているそうです。下院のブルボン宮殿は1722年、王様の娘のために建てられ、1794年から議事堂として使われているそうです。
2
c0154437_7165766.jpg
c0154437_717895.jpg

[PR]
# by fumonken | 2013-09-21 07:18

世界の国会議事堂…日本国

日本の国会議事堂は1936年に帝国議会議事堂として建設されました。第1回帝国議会が1890年に開かれますが、そのときは第一次仮議事堂で開かれたと言うことです。しかし翌年に漏電により全焼してしまったので、その年に第二次仮議事堂が建設され、第2回帝国議会がそこで開かれます。なぜ仮議事堂かというと、当時は各省官庁の建設も重なり、本格的な議事堂を建てる多額の経費がなかったからだと言うことです。その間も日清戦争、日露戦争などもあり、新議事堂の建設になかなか手が付けられませんでしたが、1920年にようやく新議事堂の建設が始まりました。そこに来て関東大震災。震災では建設中の新議事堂と第二次仮議事堂は直接、被害は受けませんでしたが、第二次仮議事堂が改修工事中に焼失してしまいます。そのため第三次仮議事堂の建設が必要になり、さらに新議事堂の完成は延長されました。そして工事着工から17年、1936年に帝国議会議事堂は完成するのです。ちなみに1964年にホテルニューオータニができるまで日本一高い建物だったそうです。
c0154437_16531696.jpg

[PR]
# by fumonken | 2013-09-20 16:53

床座と椅子座

床座。今ではこの字を読めない人も多くなってきたのではないでしょうか。「ゆかざ」と読みます。床座というのは、椅子やテーブル、ベッドを使わず(もしくはしまう事を前提として)、直接に床の上を生活面とする生活スタイルのことです。床座は靴を脱いで暮らす日本文化の象徴的な様式です。

床座の特徴は天井が低い。それは家具を置きっぱなしにしないからです。家具を置きっぱなしにしないから、空間が広く、掃除もしやすく、非常に清潔です。何よりもものが少なくて済む。シンプルライフの極みです。

私の大好きな映画監督、小津安二郎の作品の多くはローアングルといって、低い視点から撮影するカメラの撮影技法を取り入れています。それは多分に日本の生活が床座であったことが関係していると思います。

一方、椅子座というのは椅子やテーブルを置いたままにして、その置いたままの家具を生活面とする生活スタイルのことです。椅子座と家具の多さ・種類は実に比例しています。

寝食分離(寝る部屋と食事をする部屋を分ける思想)、1950年代に西洋から入ってきて以来60年、今では日本の一般家庭はすっかり椅子座の生活スタイルが主流になり、結果的に床座の文化は壊滅的になりました。

ちなみに椅子座の文化にとっては、同じ座るための家具である、椅子とソファーは全く違うものだそうです。あなたの生活スタイルは床座ですか。椅子座ですか。
[PR]
# by fumonken | 2013-09-13 15:48 | 日課抄・歳時記

穢れと清浄

仏教でいう心の執着は神道でいう「穢れ」であり、執着の無い心は神道でいう「清浄」と言えます。神仏は本当に同じだと思います。
[PR]
# by fumonken | 2013-09-11 05:19 | 禅・仏教について

祝! 東京オリンピック

東京オリンピックに決まりました。よかったですね。2020年ですか。みんなで盛り上げていきたいですね。
[PR]
# by fumonken | 2013-09-09 10:03 | 日課抄・歳時記

連合国

日本は毎年、連合国へ通常予算負担金というを負担しております。世界に190カ国ちかくありますが、その中では2番目に多くのお金を負担しています。2013年で約10.8%、276百万ドルだそうです。

その連合国のトップ、連合国事務総長が、先日、「日本の政治指導者らは、深くみずからを省みる必要がある」との発言をされました。確かに連合国事務方のトップですから、中立を求めても仕方がないかもしれません。

日本は連合国憲章において「本項で用いる敵国という語は、第二次世界大戦中にこの憲章のいずれかの署名国の敵国であった国に適用される」という項目から、いまだに敵国とされています。

ちなみに「連合国」とは英語で言うと「United Nations」。日本語で言うと、そう「国際連合」のことです。中国語ではもちろんそのまま「連合国」と訳しております。
[PR]
# by fumonken | 2013-08-27 16:26 | 日課抄・歳時記

百姓

「百姓」という字を読めない日本人はいないと思います。「ひゃくしょう」ですね。でも知っていましたか。古来の大和言葉ではおおみたから」と読みます。

「おおみたから」とは天皇陛下が慈しむべき天下の大いなる宝である日本に住む人々のことです。よく古今東西、洋の東西を問わずといいますが、為政者としてこのような政治哲学を持っているのは、おそらく日本の天皇陛下という存在だけでしょう。
[PR]
# by fumonken | 2013-08-19 23:45 | 日課抄・歳時記

終戦記念日

今日は六十八回目の終戦記念日です。六十八年前、この暑い夏に三年半続いた大東亜戦争が終結しました。以前私は祖父に聞いたことがあります。終戦の日、おじいちゃんは何をしていたの?

祖父は朝から防空壕を掘っていたそうです。すると近所の方が、もうそんなもん掘らなんでいいよ。もう戦争は終わるよっと言われたそうです。それで戦争が終わると言うことがわかったそうです。大東亜戦争自体、これは負けるなと思ったのは沖縄が陥落した六月頃だそうです。私の祖父は明治四十二年生まれ、終戦の年、三十六歳でした。
[PR]
# by fumonken | 2013-08-15 10:38 | 日課抄・歳時記

活発

禅の言葉(禅語)に 「活潑潑地(かっぱっぱっち)」という言葉があります。これは、私たちが日頃使う「活発」のもとになった言葉です。活潑とは、「心が自在に動くこと」です。これだというものにとらわれることなく、心が川の流れのようにとどまることろを知らず、常に動いるることです。ただし、ただとどまらず、動いているのではなく、いろいろな状況に「対応できる」「順応できる」心の状態のことです。

あの子は活発な子だねとは、元気が良い子という意味に使うのではなく、何にでも一所懸命になれる子という意味合いで使った方がいいでしょうね。
[PR]
# by fumonken | 2013-08-14 11:03 | 禅・仏教について

應無所住而生其心

応(まさ)に住(じゅう)する所(ところ)無(な)くして而(しか)も其(そ)の心(こころ)を生(しょう)ずべし。
[PR]
# by fumonken | 2013-08-11 17:31 | 禅の暮らし

あえてこの話題をあげます

全日本仏教会の小林正道理事長は5日、世耕弘成官房副長官と官邸で会い、安倍晋三首相や閣僚に対し、靖国神社参拝を控えるよう求める要請文を手渡した。

という記事を読みました。

おそらくこの話題をここであげるといろいろ思われる方もいると思いますが、あえて私は一僧侶としてこの話題をあげます。ながながと述べません。ただただ私は愕然としました。

すべての寺院がこのような姿勢であると受け取られかねないので、非常に危惧します。ちなみに臨済宗において全日本仏教会に加盟している寺院は臨済宗妙心寺派、南禅寺派、円覚寺派、建長寺派、天龍寺派、相国寺派
そして東福寺派の寺院だそうです。

あえて話題にさせてもらいました。
[PR]
# by fumonken | 2013-08-08 10:18 | 日課抄・歳時記

立て続けに

フランス、スペイン、そして今日、スイスで鉄道事故がありました。非常に悲しいことです。しかしながら特にスペインの事故はどうやら人為的事故のようで、何ともいたたまれません。

ちなみに我が国が世界に誇る新幹線は、1964年の開業から、死亡事故はわずか1件。しかも駆け込み乗車による事故のみです。あの東日本大震災のときも、新幹線は脱線すらしませんでした。衝突や脱線といった車内の乗員乗客が死亡した事故は50年近くたっていますが、いまだ0という誇るべき鉄道です。

これは単に技術的なことだけではなく、安全に対する思いの違いも大きいと思います。またこれまでの在来線での事故の教訓をいかしているからこそのことと思います。本当に誇るべきものです。
[PR]
# by fumonken | 2013-07-30 10:26 | 日課抄・歳時記

王子様がお生まれになったそうです

英王室のキャサリン妃殿下が王子様をご出産されたそうです。おめでとうございます。
[PR]
# by fumonken | 2013-07-23 08:13 | 日課抄・歳時記