普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

<   2018年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

政教分離

『政教分離』という言葉がある。

多くの日本人は、政治と宗教は分離する原則と思っている。

『政教分離』は西洋の言葉で、訳した言葉だ。

英語では『Separation of church and state』という。

言葉の意味は「国家と教会の分離」だ。政治ではなく「国家」であり、宗教ではなく「教会=宗教組織」である。繰り返す。「宗教=教え」ではなく、「教会」との分離をうたっているに過ぎない。


でも多くの日本人は『政教分離』という訳語のせいで、「政治」と「宗教=教え」を分離していたほうがいいと思っている。思わされている。


結果、政治や国のありように神道、仏教の「教え」を生かされた社会はよくないと何となく多くの日本人は思っている。

[PR]
by fumonken | 2018-10-21 19:18 | "不"不立文字 | Comments(0)