普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

カテゴリ:"不"不立文字( 9 )

故郷

もうすぐ46歳になる。ここ数年、妙に故郷のことを考える。故郷を思う年齢なったのか。

私の故郷は愛知県の豊田市と言うところだ。トヨタ自動車の企業城下町だが、私の育った地域は、豊田市の中心街でもなければ、郊外の住宅街でも、街道の商店街でもない。故郷の遠方には北に猿投山、東に六所山、炮烙山の山々を望むことができる。近くには野見山、秋葉山があり、また矢作川が流れ、その恵みによって田畑が開かれた地域である。建武元年(1334)創建のお寺があり、建武5年(1338)創建の神社があり、鎮守の森には今も変わらず大木が茂る。

南北朝時代から続く私の故郷。この長い時間の間、人が生まれ、暮らし、子を産んで、そして死に、またその子供が、暮らし、子を産み、そして死んでいったのだ。そんな人々の営みの連続が650年以上も続いている土地である。戦国時代には織田信長の軍勢にお寺は焼かれたが、村の人々は再建した。また江戸中期に治水工事が行われ、当時の元号をとって安永川とつけられた。小学校も古く、明治5年(1872)の学制発布の年にできたので、今年で146年目に入る。曾祖父も祖父も母も私も同じ小学校に通った。

私が子供の頃、集落の家々は瓦屋根の平屋の木造家屋が大半だった。友達の家に行くと古い木造家屋の独特の匂いがしたのを覚えている。そんな木造家屋も今は建て替えられ、新築のプレハブ住宅が帰郷するたびに多くなっている。でも表札は私の覚えている名字がそのままかけられていて、空き地になったり、コインパークになっていることはない。集落の中を走る道は、古地図のままで、今でも人々の暮らしを支えている。

室生犀星の詩に『ふるさとは 遠きにありて思ふもの』とあるが、本当にそうだと感じる。

[PR]
by fumonken | 2018-04-05 09:56 | "不"不立文字 | Comments(0)

人の死を「亡くなる」という。

上に形「亠」(ナベブタ)は「人」を意味する。そして下の「L」はものかげを意味する。人がものかげに身を隠す形が「亡」の字だ。人が死ぬことを、ものかげに隠れたのだと古来の人々は捉えた。人の死とは無くなったのではなく、亡くなった(隠れた)のだ。

同じ 「亠」(ナベブタ)に「交」の字があるが、上の「亠」ははやり「人」の意味で、 下の「父」の字は人が足を組んでいる、交差させている形で、そこからまじわるという意味の字になったらしい。

線香の煙ははじめは目に見えるのだが、しばらくすると目に見えなくなる。しかしさっきまでは確かにあった。目にすることができた。では、煙は無くなってしまったのか。

煙は亡くなってしまったのだろう。そして周りのものと交わっていったのだろう。

人の死とはそういうものだと思う。

[PR]
by fumonken | 2018-03-26 16:37 | "不"不立文字 | Comments(0)

伝統

伝統とは、古くからのしきたり・様式・傾向、血筋、などの有形無形の系統を受け伝えることである。

伝統の言葉を見ると「統を伝える」と読める。「統」とはおおもとや基本という意味の目的語になり、「伝」は動詞といえる。

そこで、これが「言統」だったらと考える。「統を言う」となり、おおもと、基本を単に言うことになる。
単に言うことだから、その「統」の内容は新しいことでも、外から入ってきたものでも、もちろん古くからのことでも、その対象は限定的ではなくなるであろう。

しかし「伝える」という言葉には、伝える内容に時間的、系統的な意味合いをもつ。単に今の事象を言うのではない。時間軸の有無にこそ「伝」である意味がある。

現在の即物的な即興的な世界観とはずいぶん違う。

[PR]
by fumonken | 2018-03-05 11:27 | "不"不立文字 | Comments(0)

漢字の「命」の音読みは「メイ」であるが、ひざまづいている人に言いつける「令」に「口」をつけることで、言いつける意味をより明らかにしたという意味らしい。そこから派生して大いなる天の命ずるところつまり運命、人の寿命という意味に派生した。

日本語(訓読み)では「命」は「いのち」と読む。
「いのち」は「生き」「息」を意味するらしい。「ち」は「内(うち)」を意味するらしい。つまり「生きの内」「息の内」。生きている間、息をしている期間といいううことだ。

日本の場合は「いのち」を「生きる」「息」と直接結びつけている。

我々は大きな目に見えないものによって生かされているのであろう。それをGODと呼んだり、天と呼んだりすることもある。しかし所詮は「息」をしていることが「生き」ていることであるのだろう。命とは息をする力のことであろう。

私たちは食事を食べ、働き、充実感も得たり、冬になれば体を暖め、夏になれば冷やし、危険が起きれば身をかばう。これもすべて息をするための力を保つためなのだろうか。

息が止まったとき、命はつきる。

命とは息をすること。

「息」は「生きる」と「命」が同じ音であり、「息」は「自ずから」の「心」と書く。

[PR]
by fumonken | 2018-02-12 20:41 | "不"不立文字 | Comments(0)

新しい

「新しきことを聞く」とでも言おうか。明治の人はNEWSを「新聞」と訳した。新しいことを聞く。現代はインターネットの発達によって、明治のその頃とは比べものにならないほど、「新しい」ものが伝わるのも早ければ、その「新しい」ものの量も半端ではない。言い換えれば、現代は「新しい」もので埋め尽くされている。


家電製品でも、服でも同じ値段なら多くの人は「新しい」方を選ぶ。同じ家賃なら築年数の「新しい」方を選ぶ。普門軒は築100年近い建物だ。だから火災保険の会社からすると建物の評価額は0円である。それはいう「新しさ」による基準から来る。

現代は「新しい」ことを礼賛し、「新しい」方のが”よい”という価値をつけてしまったためだろうか。その結果、現代のものごと多くは、長きにわたり伝えたいとか、続けたいとか、残したいなどという思いよりも、「新しさ」が結局上回る。

古代漢人は「新」という字を用いた。これが実に面白い。「立っている木を斤(おの)で切り倒す」これをもって「新しさ」と見た。現代人は切り倒すことにとりつかれ、切り倒し続けていくことが目的になってしまっているのか。


禅にとって「新しい」とはどういうことか。 それは「苟に日(ひび)に新たに、日々に新たにして、又た日(ひび)に新たなり」という言葉にあるとおり、外のものごとに「新しさ」を求めるのではなく、己の心に「新しさ」を持ちなさいという。 一新、一所、一瞬。その場、その場、その時、その時で打ち込む「新しい」心を持て。さっきまでの気持ちを持ち込まず、腹を立ててもすぐに笑って済ませる。その潔さこそが「新しさ」の姿であるという。

[PR]
by fumonken | 2018-01-22 11:28 | "不"不立文字 | Comments(0)

稽古

現代人は日々、新しいもの、新しい方法、新しい状態を求め、またその創出に腐心している。言い換えれば、現代人の人生は常に新しいものごとで覆い尽くされている。


「稽古」という言葉がある。これは和製漢語で、漢語にはない。「稽」は考えるとか、とどめるといった意味だが、なぜ日本人は考えとどめる対象を「古」としたのだろうか。現代人から言わせれば、「なんで新しいものを学ばずに、古いものを学ぶんだ」ということになる。


「古」という漢字は「十」に「口」。「十世代(長き)にわたって伝わったこと」。長く伝わっている、途切れていないという意味を含むのだ。時間的古さではなく、時間的長さを「古い」というのである。


日本人は「稽古」という言葉に、学ぶ対象とは「その古さ=時間的長さ=道」なんだという思いを含めたのだろうと思いたい。そしてこれは日本人だけではなく、漢語では「温故知新」という言葉が浮かぶ。

しかし多くの現代日本人はそのことをすっかり忘れてしまった。1年経てばなくなってしまうような自己啓発セミナーなんぞは学ぶべき、とどめるべき対象ではない!


「後来風雪悪し、木は折る古岩の前」 『禅林類聚』

[PR]
by fumonken | 2018-01-18 12:20 | "不"不立文字 | Comments(0)

鉄道

私は鉄道が好きである。特に駅舎が好きだ。大都会の東京駅。何本ものレールが走り、分岐器によって見事に切り替えられる。そのレールが一日の乗客が一桁という駅とつながっているかと思うと、何ともいえない感傷に浸ってしまう。

鉄道が英国で走ったのが1825年で、その約30年後、1853年に鉄道の模型がロシアから紹介された。そしてその2年後、1855年に佐賀藩は鉄道の模型を作ってしまった。

時は明治維新、王政復古の大号令が下った慶応三年(1868年)。まだ瓦解していない江戸幕府は、江戸横浜間に鉄道敷設する決定した。しかし幕府は鉄道敷設の技術が未熟な日本では自力での建設は難しいと考え、その敷設を米国に委ねたのだ。

すぐに明治に入り成立した新政府は、幕府と米国の約束を却下し、我が国が主体的に敷設をするという方針に切り替えたのだ。その際、資金、技術支援などは英国を選定した。そして明治3年に着工し、明治5年(1872年)10月14日(旧暦9月12日)、日本人がはじめて鉄道を目にしてから20年もたたないうちに実用化してしまった。

その10月14日は今、鉄道の日として記念日となっている。私は10年前の10月14日に普門軒の住職となった(まったく関係ないが)。

「寧ろ熱鉄を身に纏うも、信心の人の衣を受けじ」『虚堂録』

[PR]
by fumonken | 2018-01-15 17:51 | "不"不立文字 | Comments(0)

言う

「言」という字の上は「心」で、下は「口」である。心を口にするということが「言(ゲン)」であるとみた古代漢人の感性は興味深い。


そしてその「言」という字を受けた日本人は「ゲン」という音読みと「い・う」と「こと」という大和言葉をあてた。大和言葉において「こと」は「言」と「事」の両方の意味を持つ。つながっているものであるという考えがあった。


これは言霊という言葉には霊的な力が宿ると信じられた思想からもわかる。しかし支那語では、口にすることと、実際の事柄・出来事とは違う字をあてているし、もちろん発音も違う。この点は日本人と漢人の世界観の違いである。


「言うまいと思えど今日の暑さかな」読み人知らず

[PR]
by fumonken | 2018-01-11 11:09 | "不"不立文字 | Comments(0)

随う

不立文字。禅の真理は「以心伝心」で、師の赤心と弟子の赤心とがぴたりと呼応してはじめて伝わる。そこでは禅者はけっして文字にたよらず、しかも文字を自由に使っていく。(秋月龍珉)


十年前、普門軒の住職となり、『普門軒の禅寺日記』としてブログを始めた。しかしここ数年、更新の機会も減り、自分自身 ここで一新し、「普門軒の”不”不立文字」と題して、ひと文字の漢字を取り上げ、禅と日本の思想の深層に触れていきたい。


随う

「したがう」という言葉を聞けば、一般的「従う」という言葉が浮かぶのではないだろうか。上司に従うだけの俺のサラリーマン人生か。法律に遵うだけのせせこましい社会か。


近代人においては「したがう」という語彙には、何かへの従属や何かからの服従といった否定的な意味合いがある。確かに「従」という漢字の正字(旧字体)「從」は道を行くという意の「辶」に「人人」が書かれておるとおり、「人にしたがう」という意味となるのである。また「遵う」という言葉もある。「辶」と、うやまうという「尊」からなり、「敬うべきものにしたがう」という意味となる。


禅の「したがう」は、上記の字を用いない。


禅の言う「したがう」は「随う」という字を用いる。


「随」の正字「隨」は、神が用いる梯子「阝」と、祈りに使う道具とそれを持つ手「左」と、神に奉げる肉「月」に、「辶」からなる字である。神の決まったやり方の通り「道理したがう」という意味となる。


禅の修行には多くの決まりがあり、多くの型にしたがう。もちろん先輩や指導者の言うことにもしたがう。しかし禅者はその決まりに遵うのではなく。先輩や指導者に従うのではなく、その決まり、言葉の真相にある道理に「随う」のである。それはただ「道」に随うのである。これは禅者の「したがう」という態度の心根である。だから「随う」ことは否定的な意味はまったくない。むしろ積極的に「随う」のであり、随わなければならないのである。


禅に限らず、大工や左官、書道や武道、畑仕事に仏事に至るまで、以前の日本人はみんな、先輩や型に従っていたのではなく、随っていたのである。道理に随えばいいのである。


その道に随った先には、もう道(辶)は消え去り、素直なという意の「川」と顔を表す「頁」、逆らわずに、おだやかに「順う」という境地につながっていく。


「心は万境に随って転じ、転処実に能く幽なり」『伝灯録』


[PR]
by fumonken | 2018-01-08 12:07 | "不"不立文字 | Comments(0)