普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

世界の国会議事堂…台湾

c0154437_94355.jpg
台湾の国会議事堂は立法院議事堂と呼ばれています。1960年以後は立法院の議事堂として使われている建物が下の写真です。この建物は日本統治時代の1919年に「台北州立台北第二高等女学校」校舎として建てられたものです。とても立派な校舎ですね。「台湾にもナンバーズスクールがあったのか」と、これは興味深いと思い、少し調べました。ちなみに「ナンバーズスクール」とは、戦前、エリート校を通称ナンバースクールと称しました。例えば国単位では、「一高(第一高等学校=現在の東京大学)」や「二校(第二高等学校=東北大学)」「三高(第三高等学校=京都大学)」など、また地方単位では京都府立第一中、京都府立第二中といったように旧制中学をナンバーズスクールと呼んでおりました。そのナンバーズスクールが台湾の女子校にもあったようです。六校まであったようです。ただし、「一校」と「二校」の在学生はほとんど内地人(日本人)だったそうです。一方他の四校の在学生は内地人と本島人(台湾人)であったそうです。ちなにみ現在でも、旧一高と旧三高は伝統校として台湾でもトップの女子校だそうです。
[PR]
by fumonken | 2013-10-15 07:38 | Comments(0)