普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

百歳に

私事で恐縮だが、今日、9月20日に私の祖母は満百歳を迎えた。非常にありがたいことで、私の祖母は特別悪いところもなく、百歳という年齢においては健康だと言える。祖母自身、あと3年は大丈夫だと思うよといっているくらいだ。

以前「よっぽど業が深いのか、なかなか死ねんねー」といっていた。という仏教の言葉が普通に出てくることに驚いた。

「ほんじゃ、おばあちゃん、今ここに強盗が刃物を持ってきたどうするん」と聞くと、

「ほりゃー、逃げるよ」と即座に答えた。

確かにが深いなーと思えておかしかった。


※ここでいうとは、仏教的な意味あいではなく、あくまでも日本語の表現としての意味合いなので、その点のコメントは差し控えてほしい。
[PR]
by fumonken | 2016-09-20 19:35 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

私と公

気がつけば、すでに9月。2ヶ月もブログを更新していないと、いろいろな方面からどうしたのかと失跡をいただく。久しぶりにブログを更新しなくては。やはり関心のある漢字ついて書こう。

「私」という字は、穀物という意の「禾(のぎへん)」に、囲うという意の「口」(のちに「ム」となる)からなる。穀物を自分だけのものとして囲うというのが「私」の語源だ。「ム」という字は「自分だけのものとして囲う」というのである。非常に興味深い。

一方、「公」は、「自分だけのものとして囲う」という「ム」という字と「八」の字からなる。自分だけのものとして囲っているものをどうするというのか。

実は「八」の字の意は「開く」という意の字であるという。

自分だけのものとして囲っているもの、もしくは囲もうととしたものを「開く」というのが「公」の語源なのである。



ちなみに「和」という字は、「禾」と「口」から成り、「私」の字のように穀物を自分だけのものとして囲うという字のように見える。しかし「和」の「禾」はのぎへんではなく、加わるという意で、部首としては「口(くちへん)」の字である。「和」は人の声に応じ合わせるというのがその語源である。
[PR]
by fumonken | 2016-09-10 10:25 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

私という字

気がつけば、すでに9月。2ヶ月もブログを更新していないと、いろいろな方面からどうしたのかと失跡をいただく。久しぶりにブログを更新しなくては。やはり関心のある漢字ついて書こう。

「私」という字は、穀物という意の「禾(のぎへん)」に、囲うという意の「口」(のちに「ム」となる)からなる。穀物を自分だけのものとして囲うというのが「私」の語源だ。

「ム」という字は「自分だけのものとして囲う」というのである。非常に興味深い。

そうすると、「公」は「八」という字に、「自分だけのものとして囲う」という「ム」からなる。自分だけのものとして囲っているものをどうするというのか。「八」の字の意は「開く」という意の字であるという。

自分だけのものとして囲っているもの、もしくは囲もうととしたものを「開く」のである。それが「公」の語源だ。



ちなみに「和」という字は、「禾」と「口」から成り、「私」の字のように穀物を自分だけのものとして囲うという字のように見える。しかし「和」の「禾」はのぎへんではなく、加わるという意で、部首としては「口(くちへん)」の字である。つまり「和」は人の声に応じ合わせるというのがその語源である。
[PR]
by fumonken | 2016-09-10 10:21 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)