普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

世界の国会議事堂…アルゼンチン共和国

c0154437_2171379.jpg
アルゼンチンは1810年に独立したあたらしい国です。国民会議議事堂は1906年に完成。古代ローマ様式の威厳ある建物です。アルゼンチンは連邦制国歌ですから、国会はCongressになります。ちなみに立法府の英語訳は大きく3つに分かれます。Congressは、アメリカなどのように複数の自主独立し自治体の集合体、連邦制の国の立法府に対して使われます。congressは、ラテン語の congressus (con-共に+grad踏む)から来ているそうです。故に地方の代表が集まる議会という意味になります。
[PR]
by fumonken | 2013-09-30 21:01 | Comments(0)

大丈夫かな

消費税の報道はどうでしょうか。国も政治家も、官僚も、マスコミも大丈夫でしょうか。安倍首相はまだ「増税を決断した」とは語っていない(らしい)のに、また、菅官房長官も公式会見で「安倍首相はまだ決断していない」と指摘していたにもかかわらず、マスコミは『増税を決断』と繰り返し報道するのでしょうか。

マスコミは情報を真実という価値よりも、誰よりも先にという商品として扱ってはいないでしょうか。情報管理と知る権利は矛盾しないと思います。国に限らず、どんな組織でも、大切な情報は管理し、時期を見て発表し、国民の知ることとなります。事前にこんなにも情報が漏れ漏れで本当に大丈夫なのか、心配です。私として大どんでん返しで、消費税の増税延期という発表になってくれることを望んでおりますが。
[PR]
by fumonken | 2013-09-26 08:31 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

世界の国会議事堂…ウクライナ共和国

ウクライナの国会議事堂は、ヴェルホーヴナ・ラーダと呼ばれ、ウクライナ最高議会堂というそうです。1938年に建てられたそうです。こちらは宮殿ではないそうですが大統領公邸と迎賓館はマリア宮殿を利用しています。議会堂は二つの公園に囲まれています。
c0154437_20143711.jpg

[PR]
by fumonken | 2013-09-25 20:14 | Comments(0)

世界の国会議事堂…トンガ王国

この小さな白い建物。これはトンガ王国の国会議事堂です。人口が10万人くらいですから、国会議員も少ないし(32人)、この位の規模の建物では大丈夫なのかもしれません。王様がいらっしゃいますので、日本と同じで立憲君主国です。
c0154437_895427.jpg

[PR]
by fumonken | 2013-09-24 08:10 | Comments(0)

世界の国会議事堂…タイ王国

タイの国会議事堂は国民議会議事堂と呼ばれ、もともとアナンタサマコム宮殿でしたが、手狭になったため、1974年にいまの国会議事堂が3年間かけて完成しました。モダンな国会議事堂です。もうすぐ3代目の国会議事堂の建設に取りかかるようです。
c0154437_23292576.jpg

[PR]
by fumonken | 2013-09-23 17:29 | Comments(0)

世界の国会議事堂…グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

英国議会が議事堂として利用している建物がウエストミンスター宮殿です。ヨーロッパでは王宮を議事堂として利用している国が多いようで、英国もその一つです。そのため英国では国会議事堂と言わずに、今でもウエストミンスター宮殿と呼んでいるそうです。以前の宮殿(議事堂)は1834年火災によって焼失したので、1840年に礎石が据えられ、建物の主要部分は1860年に完成しました。日本で言う幕末期のことです。その後、ウェストミンスター宮殿は1941年にドイツ軍の爆撃によって庶民院(衆議院)が破壊された。1950年に再建されました
c0154437_1234303.jpg

[PR]
by fumonken | 2013-09-22 12:34 | Comments(0)

世界の国会議事堂…フランス共和国

フランスの国会議事堂の変わっていることは、上院(元老院)はリュクサンブール宮殿、下院(国民議会)はブルボン宮殿とそれぞれ建物が異っていることです。議会政治が始まったころは、階級が非常に強く庶民は庶民、貴族は貴族で集合する建物まではっきりと別れていたその名残といえます。他のヨーロッパ諸国と同様にやはり宮殿を使用しています。この場合の宮殿とは日本語で言う離宮のようなものです。上の写真の上院のリュクサンブール宮殿は1615年、王様の母親のために建てられ、1799年から議事堂として使われているそうです。下院のブルボン宮殿は1722年、王様の娘のために建てられ、1794年から議事堂として使われているそうです。
2
c0154437_7165766.jpg
c0154437_717895.jpg

[PR]
by fumonken | 2013-09-21 07:18 | Comments(0)

世界の国会議事堂…日本国

日本の国会議事堂は1936年に帝国議会議事堂として建設されました。第1回帝国議会が1890年に開かれますが、そのときは第一次仮議事堂で開かれたと言うことです。しかし翌年に漏電により全焼してしまったので、その年に第二次仮議事堂が建設され、第2回帝国議会がそこで開かれます。なぜ仮議事堂かというと、当時は各省官庁の建設も重なり、本格的な議事堂を建てる多額の経費がなかったからだと言うことです。その間も日清戦争、日露戦争などもあり、新議事堂の建設になかなか手が付けられませんでしたが、1920年にようやく新議事堂の建設が始まりました。そこに来て関東大震災。震災では建設中の新議事堂と第二次仮議事堂は直接、被害は受けませんでしたが、第二次仮議事堂が改修工事中に焼失してしまいます。そのため第三次仮議事堂の建設が必要になり、さらに新議事堂の完成は延長されました。そして工事着工から17年、1936年に帝国議会議事堂は完成するのです。ちなみに1964年にホテルニューオータニができるまで日本一高い建物だったそうです。
c0154437_16531696.jpg

[PR]
by fumonken | 2013-09-20 16:53 | Comments(0)

床座と椅子座

床座。今ではこの字を読めない人も多くなってきたのではないでしょうか。「ゆかざ」と読みます。床座というのは、椅子やテーブル、ベッドを使わず(もしくはしまう事を前提として)、直接に床の上を生活面とする生活スタイルのことです。床座は靴を脱いで暮らす日本文化の象徴的な様式です。

床座の特徴は天井が低い。それは家具を置きっぱなしにしないからです。家具を置きっぱなしにしないから、空間が広く、掃除もしやすく、非常に清潔です。何よりもものが少なくて済む。シンプルライフの極みです。

私の大好きな映画監督、小津安二郎の作品の多くはローアングルといって、低い視点から撮影するカメラの撮影技法を取り入れています。それは多分に日本の生活が床座であったことが関係していると思います。

一方、椅子座というのは椅子やテーブルを置いたままにして、その置いたままの家具を生活面とする生活スタイルのことです。椅子座と家具の多さ・種類は実に比例しています。

寝食分離(寝る部屋と食事をする部屋を分ける思想)、1950年代に西洋から入ってきて以来60年、今では日本の一般家庭はすっかり椅子座の生活スタイルが主流になり、結果的に床座の文化は壊滅的になりました。

ちなみに椅子座の文化にとっては、同じ座るための家具である、椅子とソファーは全く違うものだそうです。あなたの生活スタイルは床座ですか。椅子座ですか。
[PR]
by fumonken | 2013-09-13 15:48 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

穢れと清浄

仏教でいう心の執着は神道でいう「穢れ」であり、執着の無い心は神道でいう「清浄」と言えます。神仏は本当に同じだと思います。
[PR]
by fumonken | 2013-09-11 05:19 | 禅・仏教について | Comments(0)