普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

連合国

日本は毎年、連合国へ通常予算負担金というを負担しております。世界に190カ国ちかくありますが、その中では2番目に多くのお金を負担しています。2013年で約10.8%、276百万ドルだそうです。

その連合国のトップ、連合国事務総長が、先日、「日本の政治指導者らは、深くみずからを省みる必要がある」との発言をされました。確かに連合国事務方のトップですから、中立を求めても仕方がないかもしれません。

日本は連合国憲章において「本項で用いる敵国という語は、第二次世界大戦中にこの憲章のいずれかの署名国の敵国であった国に適用される」という項目から、いまだに敵国とされています。

ちなみに「連合国」とは英語で言うと「United Nations」。日本語で言うと、そう「国際連合」のことです。中国語ではもちろんそのまま「連合国」と訳しております。
[PR]
by fumonken | 2013-08-27 16:26 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

百姓

「百姓」という字を読めない日本人はいないと思います。「ひゃくしょう」ですね。でも知っていましたか。古来の大和言葉ではおおみたから」と読みます。

「おおみたから」とは天皇陛下が慈しむべき天下の大いなる宝である日本に住む人々のことです。よく古今東西、洋の東西を問わずといいますが、為政者としてこのような政治哲学を持っているのは、おそらく日本の天皇陛下という存在だけでしょう。
[PR]
by fumonken | 2013-08-19 23:45 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

終戦記念日

今日は六十八回目の終戦記念日です。六十八年前、この暑い夏に三年半続いた大東亜戦争が終結しました。以前私は祖父に聞いたことがあります。終戦の日、おじいちゃんは何をしていたの?

祖父は朝から防空壕を掘っていたそうです。すると近所の方が、もうそんなもん掘らなんでいいよ。もう戦争は終わるよっと言われたそうです。それで戦争が終わると言うことがわかったそうです。大東亜戦争自体、これは負けるなと思ったのは沖縄が陥落した六月頃だそうです。私の祖父は明治四十二年生まれ、終戦の年、三十六歳でした。
[PR]
by fumonken | 2013-08-15 10:38 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

活発

禅の言葉(禅語)に 「活潑潑地(かっぱっぱっち)」という言葉があります。これは、私たちが日頃使う「活発」のもとになった言葉です。活潑とは、「心が自在に動くこと」です。これだというものにとらわれることなく、心が川の流れのようにとどまることろを知らず、常に動いるることです。ただし、ただとどまらず、動いているのではなく、いろいろな状況に「対応できる」「順応できる」心の状態のことです。

あの子は活発な子だねとは、元気が良い子という意味に使うのではなく、何にでも一所懸命になれる子という意味合いで使った方がいいでしょうね。
[PR]
by fumonken | 2013-08-14 11:03 | 禅・仏教について | Comments(0)

應無所住而生其心

応(まさ)に住(じゅう)する所(ところ)無(な)くして而(しか)も其(そ)の心(こころ)を生(しょう)ずべし。
[PR]
by fumonken | 2013-08-11 17:31 | 禅の暮らし | Comments(0)

あえてこの話題をあげます

全日本仏教会の小林正道理事長は5日、世耕弘成官房副長官と官邸で会い、安倍晋三首相や閣僚に対し、靖国神社参拝を控えるよう求める要請文を手渡した。

という記事を読みました。

おそらくこの話題をここであげるといろいろ思われる方もいると思いますが、あえて私は一僧侶としてこの話題をあげます。ながながと述べません。ただただ私は愕然としました。

すべての寺院がこのような姿勢であると受け取られかねないので、非常に危惧します。ちなみに臨済宗において全日本仏教会に加盟している寺院は臨済宗妙心寺派、南禅寺派、円覚寺派、建長寺派、天龍寺派、相国寺派
そして東福寺派の寺院だそうです。

あえて話題にさせてもらいました。
[PR]
by fumonken | 2013-08-08 10:18 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)