普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

清流無間断

禅語に「清流無間断(せいりゅうかんだんなし)」という言葉があります。清らかな渓流はこんこんと流れて絶える事がありません。禅僧は昔からこの句を好んで用いおります。もちいておりますが、ただ単に情景の清らかさを好んでいるというわけではありません。

清流は絶え間なく流れる。

看守(かんしゅ:しっかりと見る)しなくてはならないことは、清流ではありません。清流は結果です。清流にとらわれていては、何も始まりません。むしろ清流を求める心自体が濁流なのです。
絶え間なく流れるから清流なのです。絶え間なく流れることが大切なのです。

いろいろ悩み、悩んでいるだけで。結果が出ない。結果が出ないから自信もなくなっていく。そして自分の長所も見つからない。

清流は絶え間なく流れるから清流なのです。止まっていてはよどんでいきます。

仕事ができるか、どうか、自分にできるかどうかなんて考えなくていいのです。

禅宗坊主の私に、どうすればいいのですかと聞かれれば、頭で清流になれるかどうかを悩むな。結果を考えることは目的ではない。「間断無し」という実践が大切なのです。絶え間なく流れ続ければ、結果として清流となるのです。

そもそも就職活動なんてくそくらいだ。どういう生き方ができるのか、間断無しかどうかということが大切なのです。

間断無しとは、激流のことではありません。ゆっくりな流れてもいいんです。若い君たちには時間があります。急いで進まずに渦を巻いてもいいでしょう。時には凪(なぎ)のこともあるでしょう。ただし生きるとは「間断無し」です。実践、行動、体を動かすことが大切です。頭は二の次です。ただやるだけです。

禅寺には、間断なく流れる方法がたくさん潜んでいます。どうぞ、自らの足で門をたたきに来てください。
清流無間断。
[PR]
by fumonken | 2012-07-27 22:18 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

「私が無ければ皆、私」

「私が無ければ皆、私」

さすが、禅者、鈴木大拙。その通り。本当にいい言葉です。心理そのものです。
[PR]
by fumonken | 2012-07-21 22:05 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

お寺にとっても最も大切な式・・・得度式

我々の人生には、入学式、卒業式、成人式、入社式、結婚式など、人生の節目にいろいろな儀式あります。みなさんにとってそういった儀式はどんな思い出が残っていますか。
畢竟、私もこれまでの人生を振り返ると、そんな儀式よりも、その後の打ち上げや披露宴の出し物などの方が、むしろ思い出に残っています。儀式のときに際にいわれた言葉など、もちろんなんにも覚えてはおりませんし、その儀式の空気など思い出すこともできません。

お寺にも年間を通して、また臨時の式として、いろいろな儀式を行います。
昨日、普門軒では得度式(とくどしき)を行いました。得度式とは、在家(ざいけ:お坊さんでないもの)が、出家して僧侶、仏の道を目指すものが生まれる儀式で、お寺にとっても何よりも大切な儀式です。

私の師匠はこれまでに何人もの弟子の得度式を行ってきました。私も自分のものも含め、何度かその場に立ち会わせていただきました。得度式は本当にいいんです。得度するものの振る舞いは、どこかぎこちなさがあるのですが、その目はまっすぐで、顔には無数の汗が流れ、その姿勢は、必死で、ひたむきさが全面に現れ、本当に生きるとはこういうことだったのか、道に進むとはこういう事かと思わせてくれます。

その式には入学式や結婚式などとは違って楽しさや悲しさ、華やかさなどは小れっぽちもありません。ただあるのは厳かさと厳しさだけです。またその厳しさが、まわりの参列者にも伝わり、引き込まれています。ただ伝わるのではなく、己はどうなんだと、振り返えさせられ、引き込まれていくんです。

とかく楽しいこどうか、自分にとって利はあるかどうか、そんなことを判断基準にしてしまいがちの我々ですが、あえて厳しい道に立ち、歩まんとする人生を選ぶものを間近に目にしたとき、人は本来あるべき姿、歩むべき道とはこれだったよなと気づかされます。

昨日は、珠音のために、九州から東京まで、遠方より式への参列のみならず、お手伝いもしてくれたみなさん、本当にありがとうございました。珠音にはみなさんの思いは伝わっています。これからも末ながくご指導ご鞭撻のほどお願いします。そしてどうぞ、これからもいっしょに道を歩まんことを。
c0154437_15454769.jpg

[PR]
by fumonken | 2012-07-16 16:17 | 日課抄・歳時記 | Comments(1)

明日は得度式

明日は得度式です。得度式とは出家し、僧侶になる儀式です。お寺にとって何より喜ばしい、そして大切な式になります。あまり暑くないといいのですが。また詳しくは明日お伝えします。
[PR]
by fumonken | 2012-07-14 13:06 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

宿坊の注意事項

お泊まりになりたい方へ

おそらく普門軒での投宿は他の宿坊に比べ、厳しい方だと思います。お客さん扱いはいたしません。

「やらされる」のではなく、己が主となってお寺の暮らしを実践して下さい。
その旨、覚悟の上にお越し下さい。これまでにも何人かお帰りになってもらった方もおります。観光気分ではなく、自分を律し、修行の心構えでお越しください。その旨、一々能くたもちください。

・投宿できる日程は木、金、土、日のうち、2泊もしくは3泊となっております。
・1月、黄金週間、7月、8月、12月は投宿できません。
・投宿はお一人でお越しください。複数でのお泊まりは堅くお断りしております。
・18歳以下、60歳以上の方のお泊まりは原則、お断りしております。
・電化製品は持参していても使用しないで下さい。
・携帯電話は絶対に使わないでください。電源を切ることはもちろんのこと、充電等、一切使用を禁じます。
・酒・タバコは厳禁です。
・タオル、歯ブラシは持参してください。
・お寺では作務衣をお貸しします。速やかに着替えてください。
・門限は必ず守ってください。16:00〜17:00の間に必ず帰ってきてください。それ以前でも、それ以降でも入ることはできません。
・消灯時間を守ってください。21:30以降は電気を切ってください。

以上
[PR]
by fumonken | 2012-07-13 17:55 | 宿坊について | Comments(0)