普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

船中八策

大阪の橋下市長。私は内政に関して支持しております。こういうことを書くとおそらく何らかのコメントがあると思いますが、一に申し上げておきますが、誹謗中傷な、建設的でないコメントは書かないでください。話がそれました。

その橋下市長がこのほど仰られた「船中八策」。そういえば『竜馬がゆく』で読んだなーと、バクマティスト(幕末好きの人のことを指す私が作った言葉)にはくすぐられる言葉です。あらためて「船中八策」を読み返してみました。

【大政の奉還】 → 【首相公選制?】
一、天下の政権を朝廷に奉還せしめ、政令宜しく朝廷より出づべき事。

【上下両院の設置による議会政治】 → 【一院制へ?】
一、上下議政局を設け、議員を置きて万機を参賛せしめ、万機宜しく公議に決すべき事。

【すぐれた人材の登用】 → 【公務員改革?】
一、有材の公卿諸侯及び天下の人材を顧問に備え官爵を賜い、宜しく従来有名無実の官を除くべき事。

【不平等条約の改定】 → 【外交???】
一、外国の交際広く公議を採り、新に至当の規約を立つべき事。

【憲法の制定】 → 【憲法改正?】
一、古来の律令を折衷し、新に無窮の大典を撰定すべき事。

【海軍力の増強】 → 【自衛隊から海軍へ?】
一、海軍宜しく拡張すべき事。

【天皇陛下・御所護衛兵の設置】 → 【自衛隊から陸軍へ?】
一、御親兵を置き、帝都を守衛せしむべき事。

【金銀の交換レートの変更】 → 【財政改革?】
一、金銀物貨宜しく外国を平均の法を設くべき事。

以上八策は方今天下の形勢を察し、之を宇内万国に徴するに、之を捨て他に済時の急務あるなし。苟も此数策を断行せば、皇運を挽回し、国勢を拡張し、万国を並行するも、亦敢て難しとせず。伏て願くば公明正大の道理に基き、一大英断を以て天下と更始一新せん。

改めて読んでみると、なるほど国の改革というのは、内容や方法はともかく、うつべき箇所は同じなんだなと感じました。ただここに教育に関することが入っていなかったと思いました。
[PR]
by fumonken | 2012-01-30 19:12 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

お伊勢さんに行って参りました

毎年、お伊勢さんにお参りに行っております。お伊勢さんは空気が違います。
c0154437_16285458.jpg

[PR]
by fumonken | 2012-01-28 16:29 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

ひと月たちました

千代がお寺に来てもう一ヶ月が経ちました。本当に早いものです。早いと言えば、本当に大きくなりました。
c0154437_2223031.jpg

[PR]
by fumonken | 2012-01-22 19:21 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

何事のおわしますかはしらねどもかたじけなさに涙こぼるる

毎年、伊勢神宮にお参りをさせてもらっております。

鎌倉時代初期のお坊さん、西行法師は伊勢神宮に参拝されたとき、このような詩を詠まれたと言うことです。

「何事のおわしますかはしらねども かたじけなさに涙こぼるる」

今、「何事のおわしますかはしらねども」という心持ちが忘れられているのでないでしょうか。この言葉は個人(佛教でいう自我)にフォーカスしている我々にはなかなか浮かび上がらないのではないでしょうか。

私も自我から少しでも離れて、こんな境地に至りたいです。
[PR]
by fumonken | 2012-01-22 13:14 | Comments(0)

もうすぐ京都市長選があります

昨年、大阪でえらいことが起きました。大阪府知事と大阪市長に既成政党の政治家ではない方が当選されました。このことはみなさんご承知の通りです。あの共産党ですら、自民、民主などと手を組んだということで、与党も野党も既成政党であり、与党のみならず野党もそれぞれ既得権益をもっているんだということが白昼のもとにさらされてしまいました。

その既成の与野党に独占されていた権益の壁を、打ち壊したのが今回の結果だと思います。そしてその権益を再構築し、再分配していくのがこれからの改革と言えるです。

そうそう、実は京都市長選が来月二月五日にあるのです。恥ずかしながら、私はそのことを知りませんでした。京都市長選は多くの地方自治体同様、八〇年代以降、非共産対共産の構図でした。そんな中で前回市長選のように第三局が立つと非共産の票が割れるのですが、結局は非共産がわずかの差で勝利するという歴史です。

そして今回の市長選。残念ながら、京都の場合、大阪と違って第三局からの立候補者はなく非共産対共産の選挙戦になりそうです。
[PR]
by fumonken | 2012-01-21 23:34 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

いい言葉だなーと思ったので

花ならば散るが覚悟。
雪ならば消えるが覚悟。


いい言葉だなー。
[PR]
by fumonken | 2012-01-11 13:10 | Comments(0)

絆についてもう一言

絆について先般、書きましたが、中国語に「絆」という字はありますが、日本人の使っている意味はなく、動物をつなぐ意味の字だそうです。中国人には絆という概念はないそうです。近い意味で「縁」という字を使うそうです。朝鮮語にはあるかないかは私は知りません。知っている方がいらっしゃったら教えてください。
[PR]
by fumonken | 2012-01-10 20:38 | Comments(0)

絆と一如

昨年の世相を表す漢字は「絆」でした。昨年は我が国にとって大きな天災にみまわれた年でしたが、日本人の本来潜在していた「家族」「いたわり」「思いやり」そして「絆」の精神があらためて見直された一年でもありました。

「絆」の元来の意味は家畜や動物をつなぎ止める紐のことです。それが室町時代頃から、現代我々が使っている絆という意味になったそうです。「絆」は「糸偏に半」と書きます。おいおいうちらをつなぎ止める糸は半分なのか。なぜ「半分」なのでしょうか。実はこれは「半分」という意味ではなく、「丁か半か」あの「半」です。つまり分けることのできない数字、「奇数」を意味します。

佛教には「一如」という非常に大切な教えがあります。
一つでありつつそれは異なるが、異なりつつもそれは一つである
という意味です。梵我一如、生死一如、自他一如などと申したりします。

「一如」は日本人の心であり、「絆」は日本人の姿だと思います。
[PR]
by fumonken | 2012-01-09 18:30 | Comments(1)

年頭の挨拶として、「自由」について

今年初めてのブログの話題として「自由」を取り上げます。

現代はまさに自由な社会です。自由主義、自由経済、自由貿易。職業選択の自由。学問の自由。表現の自由。報道の自由。自由という言葉を聞かない日がありません。先に辞書を調べると「他から強制・拘束・妨害などを受けず、自分の意のままに振る舞うことができる状態」と書かれております。さらにこの「自由」は何よりも優先さえる絶対的正義となっています。これが近代的「自由」の意味合いです。

その「自由」という言葉。意外にも禅の世界では、「自由」という言葉をよくつかいます。たとえば、
「針眼裏に身を蔵す(しんがんりにみをかくす)」。小さい針の穴の中に身を隠す。大小自他の二元的分別を越えた自由なはたらき。
「水底に金烏を走らしむ(すいていにきんうをはしらしむ)」。水底に太陽(金烏)を走らせる。悟りの上の自由な境地。
これは先に申し上げた近代的「自由」の意味合いと一見同じようですが違うのです。それでは仏教的禅的「自由」の意味合いは何なのでしょうか。

話はかわりますが、毎年十二月、禅寺では「臘八接心(ろうはつせっしん)」という坐禅三昧の一週間があります。昨年の臘八接心での私にとっての大きな収穫は「自由」ということが少しわかり始めたことでした。

今、私は仏教的禅的「自由」の意味合いをこうとらえています。
自由とは「冷静な判断のできる状態」
まさに禅定のことです。禅とは自由のことだと思います。

私たちはいろいろな壁掛けテレビが買える。数年に一度、新車に買い換えることができる。子供にいろんな教育を受けさせることができる。そういう「自由」をもっているということになっています。

しかし本当に壁掛けテレビが必要なのですか、本当に数年に一度新車に買い換える必要はあるのですか、本当に子供に受験させないといけないのですか。思いこまされているのではないのか。とらわれているのではないか。これは禅的には不自由な状態といいます。

常識と思わされている、とらわれている心を落ち着けて、冷静な判断のできる状態を得る。これが仏教的禅的「自由」の境地です。

今年も昨年以上に社会は加速度的にうごめくでしょう。だからこそ禅的自由「冷静な判断のできる状態」を己の生活の中に落とし込んでいく努力をしていただけると有り難いです。
[PR]
by fumonken | 2012-01-05 14:12 | Comments(1)