普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

韋駄天さん(ほぼ)完成

韋駄天さんがようやく完成いたしました。これで普門軒も禅寺の玄関としての装いが整いました。でも「ほぼ」完成です。。「ほぼ」とは私の懇意にさせていただいている大工さんが下の引き戸の寸法を間違えてしまったので、まだ引き戸がありません。でもそこはご愛敬でしょう。私の尊敬する、誇りある若い大工です。日本の巧みはちゃんと存在しています。

しかし、その巧みを育てていくでいくのは施主となる私たちなんです。そのことをくれぐれも忘れてはなりません。大工だけではありません。着物、漆器、陶芸、食べ物…。伝統的生活道具や生活環境を、私たち使う側が選ばなければ、それを作る職人は育っていきません。

誤解を恐れずに申し上げますと、残念ながらハウスメーカーや建築家のもとでは、なかなか日本の伝統的な巧みは育ちづらいかもしれません。もともと伝統的な「心」を育む仕事の組織としてつくられておりません。しかしそれは上に立つ者の「心」ひとつとも言えます。

実はこのことは、私を含めたすべての日本人に言えます。仕事を何のためにしているのか。単なる労働になっていないか。単なる賃金労働になっていないか。そういうことをこう言う時代だからこそ、見直してみるべきではないですか。

日本人にとって本当の仕事とは、すべてが「道」につながっていたんです。それはどんな「道」なのか。それはお金ではありませんよ。「人」としての道なんです。その「人」とは個人ではありません。個性でもありません。それは世のため、人のため「無私」「無我」の人のことです。本当の仕事とは無私、無我の道につながっており、それぞれの立場で人生をかけてそれを育んでいくなのです。
c0154437_17194537.jpg

[PR]
by fumonken | 2010-04-29 16:50 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

不潔とダサイ

先日、檀家さんとお話をしていて、こんな言葉を久しぶりに聞きました。「あんな服装は不潔やわー」。70も半ばを超えたおばさんが、今の若い女性の服装をみてこうおっしゃっていました。「不潔」。決して汚いという意味ではありません。今の言葉で言うならばダサイ、格好が悪いという感じかもしれませんが、ちょっと違います。

小津安二郎監督の映画に晩春という映画があります。娘は父親の再婚話に対して、こういいます。「いや、お父さん、いや、不潔よ」。こんな台詞があります。

不潔とは清潔ではないと言う意味になるでしょう。汚いと書いて「きたない」と読みます。また同じ「汚」という漢字を使って、汚らわしい「けがらわしい」と読みます。おばさんや、映画の娘さんの言った「不潔やわ」という言葉は「汚らわしい」という意味ではないでしょうか。

「潔」という字は、潔い「いさぎよい」と読みます。潔さはちょっと昔の日本人にとって非常に高い徳でした。そういう世代を超えた、誰もが共有していた「徳」がどんどん、どんどん失われていきます。失われて何になっていくか、それは世代や仲間内にしか通じない「価値観」というものに変わっていったのです。
[PR]
by fumonken | 2010-04-27 09:29 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

筍づくし

今日は友人が集まって、「筍づくし」のパーティーでした。午前中に筍を掘り、お昼に筍づくしです。私の旧知の友人に精進料理を得意とするお百姓さんがおります。彼を中心に色々な筍料理を作りました。とくにチーズ筍。これが美味しかったです。味噌味で下ごしらえしてからチーズで絡めて炒める。以外ですが、本当に美味しかったです。ちなにみ写真に写っているビールはノンアルコールです。あしからず。
c0154437_20411394.jpg
c0154437_20412331.jpg

[PR]
by fumonken | 2010-04-25 20:41 | 日課抄・歳時記 | Comments(1)

韋駄天さん完成間近

韋駄天さんの仏壇がほぼ完成いたしました。後は左官屋さんに壁を塗っていただくだけです。
c0154437_19301058.jpg
c0154437_1930208.jpg

[PR]
by fumonken | 2010-04-15 19:30 | 日課抄・歳時記 | Comments(1)

韋駄天さん

禅寺の玄関先には韋駄天さんという仏様がおられます。禅寺では庫裡(くり:居住の建物)を守護する仏様として、また、食物とくにごはんの欠乏を防ぐ功徳があるとされ、祀られています。お寺では季節の初物やお客様からのおみやげなど頂いたときには、まず韋駄天さんに持って行きます。また朝と夜寝る前にお経を読みます。

普門軒にも勿論韋駄天さんがおられます。しかし、玄関先でなく、奥におられるので、この度、玄関先にお越しになっていただけるよう、韋駄天さんの仏壇を大工さんに作ってもらっております。

師匠はこの普門軒の住職と入る私にこんなことをおっしゃられました。
「韋駄天さんのお経にこういう言葉がある。食輪法輪両倶運転(しりんはりんりょうきゅういんせん)。これはおまえがちゃんんと坊主として法の車輪を回せば、しぜんと食(経済)の車輪も回ってくるんだから、お金ののことは考えるな。普門軒は檀家も実入りも少ないし、四、五年はしんどいかもしれんが、坊さんとしてやるべきことをやりなさい」とこんなようなお話をして下さいました。
c0154437_11164445.jpg
c0154437_1117575.jpg

[PR]
by fumonken | 2010-04-13 11:17 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

先週雪が降っていたのに

初物の筍です。先週、雪が降っていたのに、今朝、宿坊のに泊まっている方が筍を発見。早速、ゆでました。今晩の御飯は筍御飯にいたします。
c0154437_105433.jpg

[PR]
by fumonken | 2010-04-06 10:05 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)