普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

昭和九年受験生の心得

昨日神奈川県の高校受験生が髪型、服装に問題ありとして、不合格になったという話題を書きました。以下は昭和九年の第六高等学校(現岡山大学)の受験者の心得です。特に一、二、七、八は必読ですね。

受験者心得
一、受験者は総て係員の指揮命令に服従すべし
二、受験者投稿の際は必ず袴を着け又は洋服を着用すべし
三、受験者は必ず定時十分前に電鈴の合図により各所定の試験場に入り受験証票と同番号の席に着くべし
四、試験中は係員の許可を得るにあらざれば試験場に出入することを得ず
五、受験者は必ず鉛筆小刀及消ゴム、(又は万年筆)を用意して出席すべし。他人の物を借用し又は他人と共用することを許さず
六、図書、手帳、筆筒、紙類其他試験に不用の品を携帯して試験場に入ることを許さず当学の試験には『コムバス』を除く外定規類を携帯することを許さず
七、試験場内にありては談話すべからず
八、試験場内は勿論試験場外と雖も静粛を旨とすべし
九、答案作り心得方
(イ)答案紙指定の欄には受験証票記載の科名番号を記入し決して指名を書すべからす
(ロ)答案は問題紙の周囲に従いて問題の余白に書し決して別の箇所に書すべからず
(ハ)答案紙は切り又は■くべからず
(ニ)問題の縦書きなるものは其答案を縦書きにし横書きなるものは其答案を縦書きにし
十、答案完成したるときは答案紙の頁順に重ね草案用紙と共に机上に置き手を挙げて係員の来るを待ち其指図により直ちに試験場を退くべし
十一、受験時間の盡きたる時は直ちに■筆起立すべし
十二、答案出来さる者と雖も必ず答案紙の指定の欄内に受験証票記載の科名番号を記入し机上に置くべし。之を持ち帰りたるときは受験を禁止することあるべし
十三、試験に際し所定に掲示することあるべきに付き注意すべし
十四、屋内に於て喫煙すべからず
十五、屋内に於ては靴又は上草履の外のものを穿つべからず
十六、試験に際し不都合の所為ありと認めたる者に対しては当該試験を無効とし且受験を禁止す
昭和九年 第六高等学校
c0154437_0424183.jpg

[PR]
by fumonken | 2008-10-31 22:42 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

この国の常識も捨てたもんじゃない

久しぶりのブログです。先日、神奈川県の高校の面接入試で、髪型、服装が問題があるということで不合格にしたということがあったそうです。これに対して教育委員会が校長先生を更迭したそうです。私はこのニュースを聞いたとき、何じゃこりゃーと正直思いました。何で校長先生が更迭されるんだと。

そして今日のニュース。この教育委員会の対応に対して電話が殺到しているそうです。電話の内容は九割が抗議らしいのです。私は素直に日本人の常識もまだまだ捨てたもんじゃないと思いました。
[PR]
by fumonken | 2008-10-30 22:28 | 日課抄・歳時記 | Comments(1)

さよなら、夢の超特急

昭和三十九年十月一日、東海道新幹線が開通しました。白い車体に青いストライプ。旅客機を思わせる丸い先頭部。世界最高の電車です。あの一番最初の車両の新幹線、コードネームで0系といいます。その0系新幹線が四十四年間の歴史に幕を閉じます。十一月三十日、とうとう営業運転に終止符が打たれることになりました。

現在、東海道山陽新幹線には0系(1964年)、100系(1985年)、300系(1990年)、500系(1996年)、700系(1999年)、N700系(2007年)と六種類の車両が走っています。()内は始業年です。このモデルチェンジの変遷をみると二十年、五年、六年、三年、八年となっています。最初のモデル0系は二十年の間、モデルチェンジすることなかったわけです。バブル以降の時や人の好み、技術の移り変わりの早さを物語っているんじゃないでしょうか。さよなら、そしてありがとう0系新幹線。

乗務員室の英語訳「MOTORMAN」と書いてあります。今では男女平等だと文句言われるかもしれません
ね。
c0154437_22201894.jpg
c0154437_2220297.jpg

[PR]
by fumonken | 2008-10-19 21:37 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

これも男女共同参画社会の一面です

危険な仕事も男女平等する社会は本当にいいのでしょうか。危険と言えば、国防を司る自衛隊。自衛隊には平成十八年度の自衛官約二十四万人のうち女性自衛官が約一万一〇〇〇人約五%弱いるそうです。女性自衛官はいずれも広報や、通信・輸送・補給・整備など後方支援についていたそうですが、今年の九月、女性自衛官の配置制限が解除されました。つまり今後は戦闘部隊や戦闘部署など「戦闘を行う可能性のある最前線」には女性隊員を配置していくということです。

それを決めたのが防衛省内にある男女共同参画推進本部という部署です。ちなみにこの部署は自衛隊(武官)の組織ではなく、防衛省(文官)の組織だそうです。つなり前線にいくことのない官僚が作ったと言うことです。

平成十八年度の男女共同参画への国の予算は約四兆三五〇〇億円。この額は国防予算は四兆八〇〇〇億円に匹敵する額です。

男女共同参画社会の行き着くところとは…。末恐ろしい感じがします。
[PR]
by fumonken | 2008-10-17 09:01 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

本当に男女平等なのでしょうか

私が学生時代、平成三、四年のことですが、私は夜間のコンビニでアルバイトをしておりました。そのころ、女性アルバイトは夜十時までしか仕事が出来なかったので、十時過ぎると自宅へ帰っていきます。今では深夜のコンビニに女性店員が当たり前のようにいます。私には危ないなーと心配でなりません。

平成十二年、男女共同参画社会基本法が施行され、日本は男女が同じ仕事に就く機会を与える社会を目指していくことになります。本当によりよい社会なのでしょうか。
[PR]
by fumonken | 2008-10-16 10:16 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

「故郷」という映画のシーンから

「男はつらいよ」で有名の山田洋次監督が、昭和四十七年に「故郷」という作品を作っています。瀬戸内海の小さな島で、船で石の運搬をしている家族が、高度経済成長の波に押され、故郷を捨て暮らすこと決心する作品です。

その映画の印象的なシーンにこんな場面があります。仕事を辞めよることを決断した船長と、この島が気に入って住み着いた魚屋の男との会話です。

男「そうかー、それじゃーあんたは船長さんじゃなくなるんだー。船長さんじゃなくなって、労働者になっちまうんだー」
船長「船長も労働者も大して変わりゃーせんわいのー」
男「いやー違う。そりゃー大違いだ」
船長「どこがー」
男「第一給料が違う。船長の方がずっと安い。それと労働が違う。船長の方がずっとつらい」
船長「…ハハハハ……(笑)」
男「でもまあー、船長さんはやっぱ、船長さんだよね。うん」
船長「……」
男「朝から晩まで一生懸命働いて、何一つ悪いこともしないのに、どうしてかねー。どうして先祖代々住み着いたあんなきれいな村を、出て行かないといけないのかねー」
船長「食うちゃいけんけー、しょうがなーのー」
男「…そうかなー。…するとこの島もそのうち工場の敷地みたいになっちまうのかなー。いやだねー」
船長「……」


あなたは労働者ですか。それとも船長ですか。
[PR]
by fumonken | 2008-10-15 21:25 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

今日で一年たちました

今日、十月十四日で普門軒に入寺して一年たちました。早一年、もう一年という感じです。一年何をしてきたのだろうという思いもあります。一歩一歩ゆっくり進んでいこうと思います。
[PR]
by fumonken | 2008-10-14 21:36 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

たかが経済じゃないか!

数年前『国家の品格』という本がベストセラーになりました。その著者である藤原正彦さんがバブル崩壊時期の日本人に対してこう思ったそうです。「なぜこの国にはたかが経済じゃないかと渇を入れる人間がいなかったのか」と。「その後日本が経済復活のためなら、不況克服のためなら何でもする」という雰囲気人あってしまった。その結果、ありとあらゆる国柄、守るべき国柄まで壊してしまった。そう思い、ペンを持ち、人々の前で語り始めたそうです。

今、アメリカ発金融恐慌などといわれています。私も藤原さんに見習って「たかが経済じゃないか!びくびくすんな!」という気概を広めていきたい。経済に支配された人生はえらいことになる。こういう意味でも坊さんは今でも伝統に支配された人生なので、ぶれがない。みなさんももう少し伝統に支配された生活に戻せば、ぶれない生き方が出来ますよ。経済に重きを置けば必ずあっちいったり、こっちいったりの人生になります。
[PR]
by fumonken | 2008-10-12 19:16 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

隣組

私たち三十代半ば以上の人にとってドリフの「8時だよ!全員集合」や「ドリフの大爆笑」は思い出深いテレビ番組のことと思います。「ドリフの大爆笑」のオープニングを思い出してください。あの曲、実は、「隣組」という曲の替え歌なんです。「隣組」は昭和十五年六月十七日、「国民歌謡」(今で言う「みんなのうた」)で放送されました。この曲の歌詞が実にいいんです。

トントントンカラリンと隣組
格子を開ければ顔なじみ
廻して頂戴回覧板
知らせられたり知らせたり

トントントンカラリンと隣組
あれこれ面倒味噌醤油
ご飯の炊き方垣根越し
教えられたり教えたり

トントントンカラリンと隣組
地震や雷火事どろぼう
互いに役立つ用心棒
助けられたり助けたり

トントントンカラリンと隣組
何軒あろうと一所帯
こころは一つの屋根の月
纏(まと)められたり纏(まと)めたり

[PR]
by fumonken | 2008-10-06 18:28 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

達磨忌

「達磨」。この字読めますか。「だるま」と読みます。そう、達磨さんといえば、お寺やお宮の縁起物、玩具などとして有名ですよね。

そんな達磨さん、この達磨さんは実は禅宗の開祖さんなんです。インドの人で今の中国大陸に禅を伝えた人です。達磨さんの人形の顔を見るとひげをはやしてぎょっとした顔をしています。これはインド人の達磨さんを図案化したものです。また顔以外は赤色をしていますが、あれは赤衣といった偉いお坊さんだけ切ることのできる赤いお衣もしくは赤い袈裟を着ているということからきています。腕と足がないのは九年間坐禅をしていたため、足と手がくっついてしまったというエピソードからきています。

その達磨さんが亡くなったので十月五日です。禅宗のお寺ではの達磨忌(だるまき)といって達磨大師の法要を行います。
[PR]
by fumonken | 2008-10-05 21:35 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)