普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

パソコンが壊れまして

先日新しく買ったパソコンが壊れまして、最近ブログをあげておらず申し訳ありません。今後またブログを書いていく所存です。
[PR]
by fumonken | 2008-08-29 12:19 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

終戦記念日に思う…その2

普門軒の建物は戦前から建っています。その玄関を背に立ち山門を見る。先々代の和尚様は昭和十七年五月、フィリッピンのバターン半島で戦死しました。

昭和十六年十二月二十三日、台湾から派遣されたフィリッピン攻略の主力部隊は本間雅晴中将率いる第十四軍です。第十四軍には京都の兵隊さん第十六師団が編成されています。その十六師団に先々代の和尚様もいたのです。相手はあのダグラス・マッカーサーでした。四月にはフィリッピン占領。この意味は1565年にスペインの植民地になってから三七七年ぶりに西洋人から解放されたことにもなります。

そんな戦いのおり戦死したのです。時系列から戦闘中に死んだのではなく、戦傷死かもしれません。この本堂、この部屋、この庭、そしてこの玄関。この山門をくぐって戦地に向かったんです。戻ることなかった訳です。そんなことに思いを老けながら、暑い夏、普門軒の玄関を見ています。
[PR]
by fumonken | 2008-08-18 19:36 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

終戦記念日に思う

八月十五日です。大東亜戦争が終わって六十三回目の終戦記念日です。私は大東亜戦争と呼んでいます。それぞれ戦争の名称には理由があります。戦争といえども名前ですから、それぞれの思いがあってつけられています。大東亜戦争の名称は昭和十二年閣議で決められたそうです。

昭和二十年、終戦直後、GHQによってその呼び名が禁止されます。公文書はもちろんありとあらゆる出版物が検閲されました。つまり戦後、大東亜戦争が太平洋戦争になったのです。さらに昭和二十七年、講話独立後も「自己検閲」によって現在も太平洋戦争という名称が主流です。

歴史伝統を重んずる私としては「大東亜戦争」という名称を使っています。坊さんの立場で家々過去帳などを読み上げるとき、そこにはまぎれもなく「大東亜戦争」「支那事変」の名が出てきます。他人はどうあれ、歴史や伝統を今生きている人間の都合だけで書き換えるということが、私にはどうしてもできません。

ちなみに戦時中アメリカのニューヨークタイムズやワシントンポストなどでは、もちろん太平洋戦争とは呼んでいません。なんて呼んでいたか。「Greater East Asian War」と記事にかかれています。訳せば大東亜戦争だということは中学生でもわかります。
[PR]
by fumonken | 2008-08-15 19:51 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

お盆について…その二

お中元。この時期に親戚や仕事の関係者の方に贈り物を贈る習慣ですね。実はお中元はお盆と関わっている習慣なんです。暦に二十四節気がありますね。この二十四節気のほかに、雑節とよばれる暦があります。その一つに三元(さんげん)というものがあります。

三元とは、上元(じょうげん)・中元(ちゅうげん)・下元(かげん)の三つの行事の総称です。上元は一月十五日で小豆粥を食べてこの年の厄を取り払います。中元は七月十五日で、半年無事に過ごせた感謝として、先祖供養と両親へ食べ物を送るという習慣があり、それがお盆の行事になっていくんです。それが今の「お中元」につながっていくんです。下元は十月十五日で収穫祭を行います。
[PR]
by fumonken | 2008-08-12 20:22 | 禅・仏教について | Comments(0)

お盆について…その一

まずお盆の期間ですが、一般的に十三日が迎え火(むかえび)となります。この日亡きご先祖さんが家に戻ってくるわけです。お盆の終わりは十六日で、送り火(おくりび)と呼び、故人を彼岸(ひがん:かのきし)に見送ります。このお盆の期間に、お坊さんを招いて読経し、供養します。この読経のことを棚経(たなぎょう)といいます。もともとは供物を供える棚「精霊棚」の前で読むお経からそう呼ばれます。

京都の五山の送り火は十六日の夜八時に点火されます。お年寄りの中には送り火に向かって手を合わす方も多くおられます。ただ送り火を見るだけでなく、手をお合わせて祈るという行為も受け継いでいきたいですよね。ちなみに普門軒の境内からも大文字を望むことができます。
[PR]
by fumonken | 2008-08-11 21:07 | 禅・仏教について | Comments(0)

水風呂生活ノススメ

お寺にはクーラーはありません。でも夏は暑いです。それを解消する方法が水風呂です。いつも浴槽には水を張っていますので、暑くなったら、汗をかいたらすぐに水風呂に入ります。一日十回以上は入っていると思います。水風呂は健康にもいいし、電気代もかからずにいうことなしです。お進めします。
[PR]
by fumonken | 2008-08-11 13:14 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

棚経まわり

昨日から棚経(たなぎょう)まわりです。棚経とはお盆のお経です。お盆のお経というと少し、雑な言い方になって染まします。夏の盛りに亡きご先祖さんの霊を祭るという習慣で、そのとき、坊さんを迎えて、お経と読んでもらう、それが棚経です。

元々の始まりはあるお坊さんが神通力で亡き母が餓鬼道で飢え苦しむ姿を見て、お釈迦様に助ける方法をたずねたところ、「七月十五日に、修行僧を迎えて、新鮮な食べ物を供養しなさい」と教えられました。この功徳によって、亡き母はもちろん餓鬼道すべてのものが救われたそうです。

棚経やお墓参りなどのお盆の行事は、亡きご先祖さんへの感謝はもちろんのこと、実はすべての生きとし生けるもの(衆生)に対する思いやりやいたわりの心を注ぐということがその目的です。今年のお盆は、仏壇のある方は手を合わせながら、お墓参りの方はお墓の前で、おじいちゃん、おばあちゃんありがとう、それとすべての人たち、動物たち、植物たちありがとうございますと心の中でおっしゃってください。
[PR]
by fumonken | 2008-08-10 14:04 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)

久しぶりのブログです。

最近さぼり気味で申し訳ありません。最近と言えば、ここ1週間でスズメバチに二回五カ所も刺されました。この夏、三回六カ所も刺されました。昨日三カ所刺されてさすがに病院に行きました。点滴を一時間半も打ち、くらくらです。原付バイクで病院に向かう最中に、昨日、関西を襲った大雨。まさに泣きっ面に蜂ならぬ、ハチっ面に雨でした。今日になって、蜂の巣を二カ所撃滅。今年になって五カ所退治しました。これは来年から気をつけなくては。
c0154437_21585399.jpg
c0154437_2159946.jpg

[PR]
by fumonken | 2008-08-07 21:59 | 日課抄・歳時記 | Comments(1)

なんとプリンスメロンがなりました

普門軒でなんとプリンスメロンがなりました。小さめですが、ちゃんとメロンの味がしましたよ。まだ一つなっています。
c0154437_221275.jpg

[PR]
by fumonken | 2008-08-03 10:59 | 作務 | Comments(0)