普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

たかが経済じゃないか!

数年前『国家の品格』という本がベストセラーになりました。その著者である藤原正彦さんがバブル崩壊時期の日本人に対してこう思ったそうです。「なぜこの国にはたかが経済じゃないかと渇を入れる人間がいなかったのか」と。「その後日本が経済復活のためなら、不況克服のためなら何でもする」という雰囲気人あってしまった。その結果、ありとあらゆる国柄、守るべき国柄まで壊してしまった。そう思い、ペンを持ち、人々の前で語り始めたそうです。

今、アメリカ発金融恐慌などといわれています。私も藤原さんに見習って「たかが経済じゃないか!びくびくすんな!」という気概を広めていきたい。経済に支配された人生はえらいことになる。こういう意味でも坊さんは今でも伝統に支配された人生なので、ぶれがない。みなさんももう少し伝統に支配された生活に戻せば、ぶれない生き方が出来ますよ。経済に重きを置けば必ずあっちいったり、こっちいったりの人生になります。
[PR]
by fumonken | 2008-10-12 19:16 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)