普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

チベットの対応について断固抗議!その三

チベットのについて。個人的、政治的、仏教的立場に基づいて、私はダライラマ法王の求められている「チベットの高度な自立の権利獲得」を支持します。そのために私にできることは何であろうか。

中国政府の間違いを多くの人に伝えていくことしかないと思います。多くの人と言っても、わたしの目の届く範囲の人です。中国政府の間違いを多くの人が知ることによって、中国政府が、もしくは中国人が変わってくれることを願うしかありません。中国よりの人たちは、中国バッシングをするなと言うかもしれません。でもバッシングという方法は、国家、軍人による軍事的解決方法(戦争)ではありません。一般人による非軍事的解決方法です。多少の暴力行為は伴ってしまいますが、軍人、一般人の殺傷を目的とした軍事的な暴力行為はありません。

中国に対する一連の騒動について、今、日本人にはそれぞれ三つの立場があると思います。親中国派、反中国派。そして経済的親中国派。やっかいなのは三番目ですね。いまだに経済的なことから中国との事なかれ主義をとる卑怯者がこの国にはいます。残念です。

噂ですが、日産自動車はハリウッドの映画俳優、リチャード・ギアさんを次期CMに使う予定だったそうです。しかし彼がチベット擁護のデモに参加するやいなやCM契約を破棄。中国での不買が広がるのを押さえての処置らしい。かなしい。こんな日本の会社がまだまだたくさんあるらしい。これだから日本は金しか見ていない民族かと思われてしまう。
[PR]
by fumonken | 2008-04-17 11:38 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)