普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

祝聖(しゅくしん)

どの禅寺でも毎月一日、十五日は祝聖(しゅくしん)と言って、朝課の時間に、いつも読むお経の前に、天皇陛下の聖寿を祝い、国家安泰を祈願するお経を読みます。日頃は裸足で朝課をあげるわけですが、この日は足袋をはいて出頭します。

祝聖は、他に元旦、建国記念の日、春分の日、秋分の日、天皇誕生日などもあります。天皇陛下は毎日、国家安泰の祈願をお祈りしていると聞きます。坊さんも毎日ではないですが、お経を読んでいるわけです。
[PR]
by fumonken | 2008-04-01 21:42 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)