普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

お彼岸のあんころもち

二十日のお彼岸さんでは友人に手伝ってもらい、あんころ餅をこしらえ、お抹茶と一緒に檀家さんに出しました。買ってきて出すよりも、こしらえて出す方が生きている感じがします。これをひとつの恒例にしていきたいです。

ちなみに餅米と小豆は百姓の友人がこさえたものです。百姓の友人のブログは以下のページです。紹介します。
「いなかの蛙」
http://www.123weblog.com/farmer/

もひとつちなみに、お抹茶で出したお茶碗の中に私の絵付け職人の友人が描いた京焼きの抹茶碗もありました。
c0154437_18504833.jpg
c0154437_1851150.jpg

[PR]
by fumonken | 2008-03-25 18:51 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)