普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

薪風呂、気持ちよかった

昨日の続き。お寺はやっと薪風呂になりました。さっそく、お風呂の準備。薪は工務店さんから廃材をいただき、釜の大きさに合わせて切っていきます。火をくべるときはまず杉の葉を下に入れ、その上に薪を入れていきます。杉の葉は燃えやすいので、すぐに火がつきます。パチパチと釜の中から音が聞こえます。いやー、いいものです。家庭用の釜なので、いっぺんにたくさん入りません。小刻みにくべました。

早速入りました。いやー、入った瞬間に、何か笑いが出てきました。芯から温まるというわけではないですが、いいものです。一つずつお寺としての機能を復活させていきます。そして日本人らしい自然とともに生きる暮らしをしていきたいです。
c0154437_1824012.jpg

[PR]
by fumonken | 2008-03-06 18:06 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)