普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

月参り

月参りはお寺にとって大切な仕事の一つです。檀家さんのお宅へ言って、お参りします。その家のご先祖さんはお寺のお墓にもいらっしゃるし、家の仏壇にもいらっしゃいます。つまり仏さん(ご先祖さん)とともに住んでいるんです。欧米ではそんなことありません。日本はとってもすてきな文化です。

坊さんが檀家さんのお宅へ月参りに行くことは、一種の家庭訪問みたいなものです。みんな元気かな。変わったことはないかな。その家のことを自分の家のことのように思う心は坊さんにとってと手元手も大切なことだと思っています。

残念ながら普門軒は今、月参りが数軒しかありません。これからもっともっと増やしていきたいと思っています。特にお年寄りの檀家さんのところには積極的に足を伸ばしていきたいです。お婆ちゃん元気かな。おじいちゃん元気かな。
[PR]
by fumonken | 2008-01-15 17:43 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)