普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

宴もたけなわ

冬夜では宴もたけなわになってくると、一発芸の時間です。横笛を披露してくれたり、琵琶の演奏、オカリナの音など、お寺は大正時代か、昭和初期の雰囲気になってきました。本来もっている日本人の調子とは、それは音頭であり、節であり、七五調でしょう。それを心地よいと思える気持ちはまだまだ心の憶測にありますよ。

来年は私も何か一発芸を披露できたらと思っています。他のみんなも触発された様子でした。みなさんおつかれ様でした。来年もどうぞお越しください。
c0154437_10334150.jpg

[PR]
by fumonken | 2008-01-12 10:33 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)