普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

冬夜:ちょっと過ぎてしまいましたが…

ちょっと過ぎてしまいましたが、十二月のこと。十二月の冬至の日、一年の内で夜が一番長い日です。その夜、お寺では「冬夜」(とうや)とよばれる無礼講の忘年会が開かれます。私がここに来て初めて信者さん(友達)を呼んでの行事です。ご馳走と薬水(お酒)が振る舞われます。

前日より買い物などに出かけて準備をしました。室内のしつらえ、掃除、お花を生けたり、軸をかえたり、そうそうご馳走はもちろん精進です。すべて野菜で作りました。生臭はありません。飯、汁、たき物、和え物…。そうそうウナギに似せたギウナというものや、レンコンハンバーグも作りました。

宴もたけなわになってくる頃…。
c0154437_951097.jpg
c0154437_10181762.jpg

[PR]
by fumonken | 2008-01-11 09:51 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)