普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

札配り

元旦から三日まで祈祷した般若札を四日に檀家さんや信者さんに配って回るのが古くからの習わしです。これを「札配り」といいます。でもこの寺は、町のお寺でもあり、昭和の初期に移築されたこともあり、今は檀家さんや信者さんと遠縁になっているので、その習わしはなくなってしまいました。是非私の代からこういった習わしを復活させて行きたいと思っています。

ちなみにお寺では元旦から三日まで檀家さんや信者さんが年頭のあいさつにきて、四日に和尚さんが般若札の札配りに回ります。私は今年、このお寺にきたばかりで右も左もわからなかったので、般若札は私の祖母にだけ配りました。来年からは檀家さんや信者さんにも配っていきたいと思っています。
c0154437_22403845.jpg

[PR]
by fumonken | 2008-01-04 10:20 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)