普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

お正月の行事…修正会その2

修正会の祈祷は大般若経(だいはんにゃきょう)というとても長い長いお経を転読という読み方で読みます。それはとにかく大きな声で「大般若波羅密多経 巻第○○ 大唐三蔵法師玄奘奉就訳(だいはんにゃはらみたきょう かんだい○○ だいとうさんぞうほうしげんじょうぶじょうやく)」と叫び、ついで「降伏一切大魔最勝成就(ごうぶくいっさいだいまさいしょうじょうじゅ)」とさけびます。大きなお寺では六百巻の大般若経があり、それをたくさんのお坊さんが大きな声を張り上げ、手分けして、読み上げるわけです。

でもここのような小さなお寺では一冊のまとめたものを、和尚さんが一人、大声を出して読み上げるわけです。それと同時にその期間、「般若札」(はんにゃふだ)というお札も祈祷されます。

ちなみにこの六百巻もある大般若経をまとめたものが般若心経なんです。
[PR]
by fumonken | 2008-01-03 18:19 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)