普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

ハンス・フォン・ゼークトの言葉

ヴァイマル共和国の軍人に、ハンス・フォン・ゼークトという陸軍大将がいた。
彼が語ったとされるのが、軍人を有能、無能、働き者、怠け者の4つのタイプに分ける「ゼークトの組織論」と呼ばれる軍事ジョークがある。

「有能な怠け者」は有能であるが故に事の是非を決することができる。 そして、怠け者であるが故に他人を用いて任せることもできるので「前戦の司令官」として最適である。

「有能な働き者」は事を判断することはできるが、働き者であるが故に他に任せきることができない。 よって、上に立つよりも「作戦参謀」として輔佐する立場が適当である。

「無能な怠け者」は自分で判断できないし、自ら動こうともしない。 よって、命ぜられたことをそのまま遂行する「連絡将校」か「下級兵士」に適任である。

「無能な働き者」は自分で適切な判断もできないのに、勝手に動く。 これは、余計な事をして迷走するので「銃殺刑」に処した方がいい。


しかし僧堂(禅宗の修行道場)では、 「無能な働き者」こそ、一所懸命に修行に励むことと思う。
[PR]
by fumonken | 2016-05-30 21:09 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)