普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

今の日本の暮らしでは

ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。

『方丈記』の冒頭であるが、とても今の日本の暮らしからは、正直、出てこない言葉だ。
[PR]
by fumonken | 2016-01-01 19:41 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)