普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

難しいことはわかりませんが

江戸時代に田沼意次という政治家がおりました。田沼は失脚してその後、松平定信という政治家に政権が移ります。その松平定信の政権の晩年の句が、下の川柳です。

「白河の 清きに魚も 住みかねて もとの濁りの 田沼恋しき」

今、日銀の総裁人事が話題になっていますが、今の総裁はちょうど白川さんですね。
[PR]
by fumonken | 2013-03-11 11:08 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)