普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

諸国民の公正と信義に信頼してはみたものの

二年前のブログでも書いたのですが、幕末の外交史の話です。今回は特に海に目を向けてみます。

1792年 ロシア船、根室に来航
1804年 ロシア船、長崎に来航
1806年 ロシア軍艦、蝦夷地北辺を襲撃

1806年 文化の薪水給与令(とりあえず薪と水はあげますからお帰りください)
1808年 イギリス艦船フェートン号事件
1816年 イギリス軍艦、琉球に来航
1818年 イギリス軍艦、浦賀に来航

1825年 異国船打ち払い令(もう堪忍ならん。異国船は打ち払うぞ!)
1828年 シーボルト事件
1837年 大塩平八郎の乱(幕府官僚の反乱。橋下市長ではありませんが、大阪での乱です)
1837年 アメリカ商船来航
1839年 蛮社の獄(幕府による言論弾圧事件)
1840年 アヘン戦争(イギリスに清国がめった打ちにされる)
1841年 天保の改革(幕府財政の再興を目指した改革。3年で失敗)
1842年 天保の薪水給与令(やっぱり薪と水だけはあげますから帰ってね)
1843年 イギリス軍艦、八重山諸島に上陸し測量
1843年 阿部正弘、25歳で老中(首相)
1844年 フランス軍艦アルクメーヌ号、琉球に来航
1844年 オランダ国王、幕府に開国を勧告
1845年 イギリス軍艦長崎に来航

1845年 幕府、海防掛(海軍)を設置
1845年 アメリカ捕鯨船、浦賀に来航
1846年 アメリカ使節、浦賀に来航
1849年 アメリカ軍艦、長崎に来航
1849年 イギリス軍艦、浦賀・下田に来航し測量
1852年 オランダ商館長、翌年のアメリカ艦隊来航を通告
1853年 アメリカ艦隊黒船来港


幕末に向かう50年近くの間に、日本の海には外国船がいろいろ訪れているんですね。もちろん当時の日本は鎖国ですから、時の政府である幕府はひた隠しにするわけです。

「諸国民の公正と信義に信頼して」きたのですが、ロシアが北方領土を占領し、竹島を韓国が占領し、尖閣諸島に中国が不法侵入する。しかもそれを政府が穏便にあしらおうとする。まさに幕末の幕府に通じるものを感じます。

幕末の幕府と現在の政府がにているのは、どちらも主語が「日本国」ではないということです。幕末、幕府はとにかく、幕府の温存、徳川家の温存を主語にして、政策をたてます。今の政府も政府・政党・役所を主語にした政策です。

でも日本は地方からのろしがたちます。薩摩、長州、宇和島、福岡、佐賀、土佐・・・。開明的な藩主を中心に日本を主語にした改革が始まっていくんです。

今の地方の知事の方々。大都市の市長さん。そして彼らを支える官僚のみなさん。期待しています。

時の政府である幕府はひた隠しにしたのですが、でも結局、隠しきれず、その積み重ねが幕府瓦解につながりました。
[PR]
by fumonken | 2012-08-16 15:27 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)