普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

三従四徳(さんじゅうしとく)

以前書いたかもしれません。最近、若いお母さん方から、母としてどうあるべきなのか聞かれることが多いので、あらためて、三従四徳(さんじゅうしとく)について書きます。

母として生きる「儒教の規範」…「三従四徳(さんじゅうしとく)」
母としての儒教の規範は、「三従四徳」です。
三従とは「在家従父、出嫁従夫、夫死従子」(嫁に行くまでは父親に従い、嫁に行ったら夫に従い、夫が死んだら子供に従う)
四徳とは「婦徳、婦容、婦言、婦工」(女性らしい道徳、女性らしい容姿、女性らしい言葉遣い、料理屋裁縫の技術)を身につけることを言います。

三従四徳を守る理想的な女性、母としての目指すべき姿とは「良妻賢母」であるわけです。

このことを「させられる」と勘違いしてはいけません。あなたが相手にそうしてあげることは、結果、あなたが相手にそうしてもらうことになるのです。大切なことは自分を中心に行動してはいけないと言うことです。

これも東洋思想の源流である「無我」の思想が、道徳として現れたものです。
[PR]
by fumonken | 2012-06-08 17:59 | 日課抄・歳時記 | Comments(1)
Commented by コトタマ at 2013-12-23 00:53 x
ご紹介致します。

日本語の起源

言霊百神

Kototama 100 deities

有難うごさいます。