普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

部屋の改装…その一

今後、住み込みの居候が来ても寝起きできるように、本堂の裏の納戸を畳の部屋に改装する事にしました。しういう若者がいても、普門軒には部屋数が少ないので、一大決意で畳の部屋にすることにしました。一人でも多くの若者が、普門軒に来て、禅寺暮らしの経験を人生に生かしていただけるとしたら、本当に禅寺冥利につきるというものです。このことは同時に私を身一つで弟子にしてくださった師匠をはじめ、普門軒を開かれた和尚様に対しての何よりの恩返しになると思っております。

ここで人生の修行をしてみたいと思ってもらえるお寺になれるよう、今後益々踏ん張らんといかんなーと思う今日この頃です。
c0154437_19203991.jpg
c0154437_1920532.jpg

[PR]
by fumonken | 2012-02-23 19:06 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)