普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

船中八策

大阪の橋下市長。私は内政に関して支持しております。こういうことを書くとおそらく何らかのコメントがあると思いますが、一に申し上げておきますが、誹謗中傷な、建設的でないコメントは書かないでください。話がそれました。

その橋下市長がこのほど仰られた「船中八策」。そういえば『竜馬がゆく』で読んだなーと、バクマティスト(幕末好きの人のことを指す私が作った言葉)にはくすぐられる言葉です。あらためて「船中八策」を読み返してみました。

【大政の奉還】 → 【首相公選制?】
一、天下の政権を朝廷に奉還せしめ、政令宜しく朝廷より出づべき事。

【上下両院の設置による議会政治】 → 【一院制へ?】
一、上下議政局を設け、議員を置きて万機を参賛せしめ、万機宜しく公議に決すべき事。

【すぐれた人材の登用】 → 【公務員改革?】
一、有材の公卿諸侯及び天下の人材を顧問に備え官爵を賜い、宜しく従来有名無実の官を除くべき事。

【不平等条約の改定】 → 【外交???】
一、外国の交際広く公議を採り、新に至当の規約を立つべき事。

【憲法の制定】 → 【憲法改正?】
一、古来の律令を折衷し、新に無窮の大典を撰定すべき事。

【海軍力の増強】 → 【自衛隊から海軍へ?】
一、海軍宜しく拡張すべき事。

【天皇陛下・御所護衛兵の設置】 → 【自衛隊から陸軍へ?】
一、御親兵を置き、帝都を守衛せしむべき事。

【金銀の交換レートの変更】 → 【財政改革?】
一、金銀物貨宜しく外国を平均の法を設くべき事。

以上八策は方今天下の形勢を察し、之を宇内万国に徴するに、之を捨て他に済時の急務あるなし。苟も此数策を断行せば、皇運を挽回し、国勢を拡張し、万国を並行するも、亦敢て難しとせず。伏て願くば公明正大の道理に基き、一大英断を以て天下と更始一新せん。

改めて読んでみると、なるほど国の改革というのは、内容や方法はともかく、うつべき箇所は同じなんだなと感じました。ただここに教育に関することが入っていなかったと思いました。
[PR]
by fumonken | 2012-01-30 19:12 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)