普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

もうすぐ京都市長選があります

昨年、大阪でえらいことが起きました。大阪府知事と大阪市長に既成政党の政治家ではない方が当選されました。このことはみなさんご承知の通りです。あの共産党ですら、自民、民主などと手を組んだということで、与党も野党も既成政党であり、与党のみならず野党もそれぞれ既得権益をもっているんだということが白昼のもとにさらされてしまいました。

その既成の与野党に独占されていた権益の壁を、打ち壊したのが今回の結果だと思います。そしてその権益を再構築し、再分配していくのがこれからの改革と言えるです。

そうそう、実は京都市長選が来月二月五日にあるのです。恥ずかしながら、私はそのことを知りませんでした。京都市長選は多くの地方自治体同様、八〇年代以降、非共産対共産の構図でした。そんな中で前回市長選のように第三局が立つと非共産の票が割れるのですが、結局は非共産がわずかの差で勝利するという歴史です。

そして今回の市長選。残念ながら、京都の場合、大阪と違って第三局からの立候補者はなく非共産対共産の選挙戦になりそうです。
[PR]
by fumonken | 2012-01-21 23:34 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)