普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

冬夜…禅寺の忘年会

禅寺には冬夜という行事があります。一年の間でもっとも夜の長い冬至の夜、禅寺では冬夜(とうや)と言われる忘年会の夜になります。

修行道場では夕飯はもちろん精進料理ですが、ご馳走になります。そして修行僧はそれぞれ隠し芸をしたり、どんちゃん騒ぎとなります。日頃はルールの厳しい道場ですが、この晩だけは無礼講となり、飲んで食べて、踊って酔っての晩になります。

これは単なる忘年会ではありません。日頃の厳しい生活で、お互い厳しい間柄だからこその忘年会なのです。このやるときはやり、外すときは思いっきり羽目は外す。これが禅です。

普門軒では12月30日に、日頃お世話になっている友人知人をお呼びして、餅つきと冬夜を行います。
[PR]
by fumonken | 2011-12-20 19:56 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)