普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

「仕事」のもともとの意味…日本

さて我が日本です。「働く」。この漢字は昨日申し上げたとおり、日本で作られた国字です。「人が動く」ということを表したいと思い「働く」という字を作ったわけです。
「はたらく」と読みます。これは「はたを楽にする」からきているといわれております。定かではありませんが、働くことの意味合いを再考するに、的を得ていると思います。

「仕事」は「事に仕える」と書きます。「仕」という字は「人」+「士」です。「士」とは学問と道徳を修めた人という意味です。「仕える」とは大切な「人」の横 でしっかり立つ「士」を表しているそうです。「士」ですから、「下男」でも「奴隷」でもありません。むしろ学問と道徳、教養を身につける「人の道」を修め ようとする心構えが必要なんです。

もし「仕事」が苦痛であれば、人はその代償を求めるでしょう。自分の生き甲斐なのだとか、あれがほしいから、お金のためだからしかたないなどと。

で も違うんです。いいですか、日本の若人のみなさん、私たちの祖先は仕事とは罰でもなければ、苦痛とも、働かされているともとらえていなかったんです。日本 人にとって「仕事」は、他の人のために動く、他の人のために仕えることなんです。自分のためなんかじゃありません。それは日本は無我の世界観だからです。
[PR]
by fumonken | 2011-07-31 21:27 | 日課抄・歳時記 | Comments(1)
Commented by とらごろう at 2011-08-02 22:07 x
仕事のもともとの意味、感動です。
確かに最近、仕事をする際に自分の権利や都合ばかりを考え、人のことを考えなくなっているように思います。
滅私奉公、ということなのでしょうか。