普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

オール電化住宅

東電のエリアではこの三年間でオール電化住宅の戸数が倍増し、最大で原子力発電プラント二基分にあたる約200万キロ・ワット分の電力消費能力が増えた可能性があるとのこと。非常に困ったものです。困ったと言うよりも恐ろしいですね。そんなに電気依存度の高い暮らしをしている人が増えているとは。二基分ですか。私にもオール電化の友人がいます。人ごととは思えません。でもそれを変えようとするか…。おそらくそういう暮らしを見直すことはないでしょう。

ちなみに普門軒の一ヶ月の電気代は1200円程度です。脱電化暮らしとは思っていませんが、できるだけ電力に頼らない暮らしを、これからも続けていきたいです。私の友人は子供もいますが、さらに電気代が安いと聞いています。

改革、改革と口うるさく言われて久しいですが、私たちの暮らし方そのものを改めてる必要があると思います。
[PR]
by fumonken | 2011-03-23 19:36 | 日課抄・歳時記 | Comments(4)
Commented by すがわら at 2011-03-26 11:55 x
 こんにちは。ご無沙汰です。
 大量生産大量消費の全自動虚栄文明が刃物の上の綱渡りだったことが、これでやっと認知されたという事でしょうか。
 和楽社中に出会って自身の生活を改め、私の月次の電力使用量は18kwhです。料金は恣意的に決められているものですので参考にしかなりませんが、350円/月程度です。
 テレビなし⇒PCのみ・電気掃除機なし⇒掃除は箒と雑巾・洗濯機は週1回。勿論エアコンはありません。夏は風を通して打ち水に団扇、冬は石油ストーブや火鉢も殆ど使わず厚着のみです。

 和楽社中のサイトが無くなり、「和楽宣言」も見られなくなりました。あの宣言文こそ今の社会に発するべき名文。和尚のお手元にあれば、拝見願えませんでしょうか。
Commented by fumonken at 2011-03-26 20:52
和楽宣言、すぐにアップいたします。
Commented by かぐら at 2011-03-28 17:00 x
私も改めて和楽宣言拝見したいです。あのころの千葉ちゃんが目に浮かびます。残念ながら現在の生活は和楽とは程遠い。しかしながら、暮らしの中に日本の文化を取り入れることは忘れてはいません。先人の知恵を少しでも身につけたいものです。
Commented by すがわら at 2011-03-29 21:12 x
 おお・・・、和尚のお手元にありましたか。
 関西圏は「対岸の火事」という雰囲気ですが、直近の福井県に十数発の原発を抱えるに加え風上となる西日本各地にも多くの原発を仰いでいるような有様では、もはや高度経済成長的な衣食住様式を改め、「使い捨て」と「垂れ流し」の社会を正さねばなりますまい。