普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

私には理解できません

今回の東日本大震災により福島の原発事故が起こりました。そのため欧米諸国は大使館を閉めたり、自国民に避難するように勧告をしています。
アメリカ政府は、東京の在日米国大使館、名古屋の総領事館などの米政府関係者の家族約600人について、国外退避を認めると発表した。チャーター便を用意したそうです。
フランス政府は、東京周辺に滞在中の仏国民を速やかに国外退去させるため、エールフランス航空に対し、臨時便を可能な限り用意するよう要請したそうです。
自国民の命を守るという国家としての責務でしょうか。

三月二十日のニュースにこんな記事が載っておりました。
米英仏軍のリビアへの空爆で48人死亡、150人負傷
[PR]
by fumonken | 2011-03-20 17:16 | 日課抄・歳時記 | Comments(2)
Commented by 外国 at 2011-03-21 11:33 x
けどね、
欧米諸国は、多くの救助隊やボランティア、援助を出しているのですよ。
火事場泥棒のロシアも応援してくれていますよ。
相手の弱点をあげつらうよりも、やってくれたことに対して感謝を示すほうが良いのではないですか。
少なくとも、自分はそうしたい。
それは、仏教からみると間違いですか。

こういう話、寂しい。
Commented by fumonken at 2011-04-08 17:47
火事場泥棒のロシア、見事に戦闘機まで飛ばしてくれました。この期に及んで、本当に困った隣人です。