普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

北方領土の日

今日、2月7日は北方領土の日です。私の承知している事実だけ書きます。

1855年2月7日に日魯和親条約が江戸幕府とロシア帝国との間に結ばれました。この条約において日露の国境を定めました。
一、日本とロシアとの国境を択捉島と得撫島の間とする。
二、樺太においては国境を画定せず、これまでの慣習のままとする。

1875年5月7日の樺太・千島交換条約で千島列島は日本領に、樺太はロシア領になりました。

1905年9月5日の日露講和条約(日露戦争の講和条約)において、ロシアは樺太の北緯50度以南の領土(南樺太)を永久に日本へ譲渡することになりました。

1945年8月11日、日ソ中立条約を一方的に破って、突然ソ連軍が南樺太に侵攻。8月25日に占領。8月28日から9月5日にかけて千島列島を占領。

1951年9月8日のサンフランシスコ平和条約において、日本は南樺太、千島列島の領有権を放棄しました。これによって南樺太と千島列島は国際法上は現在、どこの国にも属さない事になっています。この千島列島という概念に北方四島が含まれるか否かという問題があります。

いずれにしてもみなさんご承知の通り、大東亜戦争は8月15日に戦闘を終結しております。ソ連はその後、千島列島に侵略して、今もって不法占領しているわけです。ロシアの行為は火事場泥棒です。それが歴史の上の事実です。
[PR]
by fumonken | 2011-02-07 20:40 | 日課抄・歳時記 | Comments(2)
Commented by 名前 at 2011-02-09 18:37 x
領土という概念は相対的ではないのでしょうか?
そもそも、地球も、大陸も、島も、人間が作ったものではありません。
それに、線を引いて「領土」とすることに、義はあるのでしょうか?
大東亜帝国を主張することと、北方領土の不法占拠を主張すること、何が違うのでしょうか?
ソ連が火事場泥棒という権利を日本はあるのでしょうか?日本は強盗だったのでは?
そもそも、大東亜戦争を同思っているのですか?
Commented by もし at 2011-02-09 18:45 x
この本を読んで欲しい
「禅と戦争」