普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

幕末の

1853年にアメリカ艦隊黒船が来港します。それから15年の後、明治維新(1868年)を迎えます。黒船が着たから日本の幕末は始まったと思っている方が多いと思います。実は外国の船は1700年代後半から黒船来港までの約50年間、頻繁に来船しているんです。

1792年 ロシア使節ラクスマン、根室に来航
1804年 ロシア使節レザノフ、長崎に来航
1806年 ロシア軍人レザノフの部下フヴォストフら、蝦夷地北辺を襲撃
1806年 文化の薪水給与令(とりあえず薪と水はあげますからお帰りください)
1808年 イギリス艦船フェートン号事件
1811年 ロシア軍人ゴローニン事件
1816年 イギリス軍艦ライラ号・アルセスト号、琉球に来航
1818年 イギリス人ゴルドン、浦賀に来航
1825年 異国船打ち払い令(もう堪忍ならん。異国船は打ち払うぞ!)
1828年 シーボルト事件
1837年 大塩平八郎の乱(幕府官僚の反乱)
1837年 アメリカ商船モリソン号事件
1839年 蛮社の獄(幕府による言論弾圧事件)
1840年 アヘン戦争(イギリスに清国がめった打ちにされる)
1841年 天保の改革(幕府財政の再興を目指した改革。3年で失敗)
1842年 天保の薪水給与令(やっぱり薪と水だけはあげますから帰ってね)
1843年 イギリス軍艦サマラン号、八重山諸島に上陸し測量
1843年 阿部正弘、25歳で老中(首相)
1844年 フランス軍艦アルクメーヌ号、琉球に来航
1844年 オランダ国王、幕府に開国を勧告
1845年 イギリス軍艦サマラン号、再び長崎に来航
1845年 幕府、海防掛(海軍)を設置
1845年 アメリカ捕鯨船マンハッタン号、浦賀に来航
1846年 アメリカ使節ビッドル、浦賀に来航
1849年 アメリカ軍艦プレブル号、アメリカ人漂流民救出のために長崎に来航
1849年 イギリス軍艦マリナー号、浦賀・下田に来航し測量
1852年 オランダ商館長、翌年のアメリカ艦隊来航を通告
1853年 アメリカ艦隊黒船来港

そうそう、最近、日本の領海内で異国船が攻撃してきたり、不法占拠されている日本の領土に、不法占拠している国の元首が訪れたり、きな臭いことが起きていますね。今は幕末で言うとどのあたりに位置づけられるのでしょうかね。
今度の「流出ビデオ」。大塩平八郎の乱でしょうか。
[PR]
by fumonken | 2010-11-07 22:30 | 日課抄・歳時記 | Comments(1)
Commented by かぐら at 2010-11-09 22:46 x
確かに、なかなか面白い視点ですね。幕末の志をもった日本人の生き方を尊敬します。今は自分の得のことばかりのような気がします。今回の出来事を、どんな対応が良いのかしっかり日本人は考えないといけませんね。「志」という言葉は外国語に訳せるのでしょうか?