普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

お坊さんの勉強会

一昨日と昨日、二日間にわたって勉強会に行って参りました。臨済宗のお坊さんが全国から八〇名ほど集まり開かれました。勉強会と言うよりも、与えられたテーマについて話し合いをするわけです。

テーマは「禅僧としての自覚」。サブタイトルが「必要とされる禅僧・禅寺とは」となっておりました。このテーマについて事前にアンケートをとり、それをもとにグループに分かれて討議するわけです。

なかなか答えのみつからないテーマですので、なんとも不完全燃焼。でも日頃何気なく過ごしている我々お坊さんも、こういうテーマを考えることで、まずは自分が坊さんであることをあらためて自覚し反じゃないでしょうか。自覚はあくまでも自覚。意識のレベルです。その自覚をもってどのように行動すべきか。これはまた別の次元になります。今回は自覚を持って帰っていったというような勉強会でした。
[PR]
by fumonken | 2010-02-12 09:36 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)