普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

自分への戒めとして

人は将来のために、新しいものごとを得ようと、意識せずとも向かっていくものです。それは新しい家具、新しい家、新しい車だけではなく、新しい会社、新しい制度、新しい方法、新しい関係…。それは人は進歩する。進歩は正義だからです。古いものにしがみつくこと、とらわれることは、懐古趣味という言葉で片付けられます。

私は全くそう思いません。全くの逆です。人が新しいものごとを追っていく原動力は、進歩でも何でもなく、人の欲望だと思っています。その欲望に打ち勝つために、人は経験や、歴史や、伝統に敬意を払ってきたんじゃないのかと思っているわけです。
[PR]
by fumonken | 2010-01-05 17:08 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)