普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

臘八示衆【四日夜】

【第四夜】
第四夜示衆に曰く、数息観に六妙門あり。所謂数、随、止、観、還、浄なり。息を数えて三昧に入る。是を数という。息を数えて漸く熟すれば唯出入の息に任せて三昧に入る。是を随と謂う。十六特勝等、要を以って之を云えば数随の二字に帰す。故に初祖大師曰く、外、諸縁を息め、内、心喘ぐこと無く、心牆壁の如くにして以って道に入るべしと。内、心喘ぐこと無しとは根本に依らざるなり。心牆壁の如くとは直向前進する也。此の偈甚深なり。汝等請う。試に本参の話頭を取って牆壁の如く直に進み去れ。たとえ土を以て大地を撃ちて失する事あるとも、見性は決定して徹せざる事なけん。努力せよ。努力せよ。

【現代語訳】
第四日目の夜、大衆に示して言われるのには、数息観に六つの妙門がある。それは「数・随・止・観・環・浄」である。息を数えて三昧に入る、これを「数(数息観)」という。息を数えて徐々に機縁が熟してくると、自然と出入の息に任せて三昧に入ってくる、これを「随(随息観)」という。十六特勝(イメージ法と呼吸法とを組み合わせた十六種類の方法)な十六どのやり方があるが、結局、最も重要なところは数息観と随息観なのである。ゆえに、初祖菩提達磨大師は、「外、諸縁を息め、内、心喘ぐこと無く、心、牆壁(しょうへき)のようにして道に入れ」といわれている。「内、心喘ぐことなく」とは心(腹)をしっかりと定めて、「心、牆壁のように」とは無心に突き進むことである。この偈には深い意味があるのだ。さあ、皆さん。今、取り組んでいる公案を拈提して無心に突き進んでいけ。そうすれば、必ずや見性することは間違いのないことである。努力せよ、努力せよ。
参考文献 山本玄峰著『無門関提唱』大法輪閣
[PR]
by fumonken | 2008-12-04 07:19 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)