普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

臘八示衆【三日夜】

【第三夜】
第三夜示衆に曰く、如来の正法眼蔵嫡々相承、是を伝灯の菩薩という。如来の正法眼蔵よく護持する、是を護法の菩薩と謂う。伝灯護法猶お師家と壇越との如し。師檀合わざるときは大法独り行なわれず。而して護法を最上となす。昔、弘法大師嘗て大日如来に祈請して曰く、誰か是れ護法の最上なるや。如来告げて曰く、弁財天に若くはなしと。是れ伝灯は第一たりと雖も、若し護法の力なきときは則ち仏法只独り行わざる所以なり。是の故に護法を最上となす也。
又坐禅は一切諸道に通ず。若し神道を以って之を云えば則ち身は即ち天地の小なるものなり。天地は則ち身の大なるものなり。天神七代、地神五代、並に八百万の神悉く皆心中に鎮坐せり。
此の如く鎮坐の諸神を祭祀せんと欲せば、神史に所謂る霊宗の神祭に非ずんば則ち之を祭る事能わず。霊宗の神祭は禅定に非ずんば之を祭る事能わず。脊梁骨を豎起し気を丹田に満たしめて正身端坐、願見耳聞一点の妄想を雑えず、六根清浄なる事を得るときは則ち是れ天地地祇を祭る也。一の坐と雖も其の功徳鮮しとなさず。是の故に道元禅師曰く、勤べきの一日は貴ぶべきの一日なり。勤めざるの百年は恨むべきの百年なりと。嗚呼おそるべく慎むべし。

【現代語訳】
第三日目の夜、大衆に示して言われるのには、釈尊の教えの真髄が師から弟子へと伝えられて来ている。これを伝燈の菩薩(修行者)という。また、その釈尊の教えの真髄を大切に思って護持する。これを護法の菩薩(修行者の面倒をみる人)という。伝燈と護法は法を守る「師家(法を伝える人)」とそれを支える「壇越(布施をする人)」との関係のようである。師家とそのために協力を惜しまない壇越とがうまく手を取っていかなければ修行はできないのである。そのようなことから、護法ということを最も大切にするのである。昔、弘法大師が大日如来に祈願して、誰が護法の菩薩の中で最もすぐれているかと尋ねたところ、大日如来は弁才天(水と豊穣の女神)に及ぶものはないといわれた。伝燈は第一であるといっても、もし護法の力がないときには、仏道の修行は決して成就できない。それで、護法を非常に大切にするのである。

また、坐禅は一切の諸道に通じている。もし神道であったならばこの身体は天地を小さくしたものであるし、天地は身体を大きくしたものである。天神七代、地神五代並びに八百万の神(仏心・仏性)はすべて皆この心中に鎮座しているのである。

このように、鎮座する神々を祭祀しようと思うならばそれに相応しい環境がなければこれを祭ることができない。すなわち、禅定(三昧の境)がしっかりと深まっていなければこれを祭ることができない。それには、まず腰骨を起し、背筋を伸ばして気を丹田に満たして正しく坐ることが大事である。見るもの聞くもの一点の妄想も交えないで六根(眼・耳・鼻・舌・身・意)が清浄である時、始めて天神地祇(全ての神々)を祭ることができるのだ。一回の坐禅といえども功徳は決して少なくはないのである。道元禅師は「勤べきの一日は貴むべきの一日なり。勤めざるの百年は恨むべきの百年なり」といわれている。ああ、恐ろしいことだ、しっかりせにゃいかんぞ。
参考文献 山本玄峰著『無門関提唱』大法輪閣
[PR]
by fumonken | 2008-12-03 07:10 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)