普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

昭和九年受験生の心得

昨日神奈川県の高校受験生が髪型、服装に問題ありとして、不合格になったという話題を書きました。以下は昭和九年の第六高等学校(現岡山大学)の受験者の心得です。特に一、二、七、八は必読ですね。

受験者心得
一、受験者は総て係員の指揮命令に服従すべし
二、受験者投稿の際は必ず袴を着け又は洋服を着用すべし
三、受験者は必ず定時十分前に電鈴の合図により各所定の試験場に入り受験証票と同番号の席に着くべし
四、試験中は係員の許可を得るにあらざれば試験場に出入することを得ず
五、受験者は必ず鉛筆小刀及消ゴム、(又は万年筆)を用意して出席すべし。他人の物を借用し又は他人と共用することを許さず
六、図書、手帳、筆筒、紙類其他試験に不用の品を携帯して試験場に入ることを許さず当学の試験には『コムバス』を除く外定規類を携帯することを許さず
七、試験場内にありては談話すべからず
八、試験場内は勿論試験場外と雖も静粛を旨とすべし
九、答案作り心得方
(イ)答案紙指定の欄には受験証票記載の科名番号を記入し決して指名を書すべからす
(ロ)答案は問題紙の周囲に従いて問題の余白に書し決して別の箇所に書すべからず
(ハ)答案紙は切り又は■くべからず
(ニ)問題の縦書きなるものは其答案を縦書きにし横書きなるものは其答案を縦書きにし
十、答案完成したるときは答案紙の頁順に重ね草案用紙と共に机上に置き手を挙げて係員の来るを待ち其指図により直ちに試験場を退くべし
十一、受験時間の盡きたる時は直ちに■筆起立すべし
十二、答案出来さる者と雖も必ず答案紙の指定の欄内に受験証票記載の科名番号を記入し机上に置くべし。之を持ち帰りたるときは受験を禁止することあるべし
十三、試験に際し所定に掲示することあるべきに付き注意すべし
十四、屋内に於て喫煙すべからず
十五、屋内に於ては靴又は上草履の外のものを穿つべからず
十六、試験に際し不都合の所為ありと認めたる者に対しては当該試験を無効とし且受験を禁止す
昭和九年 第六高等学校
c0154437_0424183.jpg

[PR]
by fumonken | 2008-10-31 22:42 | 日課抄・歳時記 | Comments(0)