普門軒の禅寺日記・京都の宿坊・お寺に泊まる

ブログトップ

この国の常識も捨てたもんじゃない

久しぶりのブログです。先日、神奈川県の高校の面接入試で、髪型、服装が問題があるということで不合格にしたということがあったそうです。これに対して教育委員会が校長先生を更迭したそうです。私はこのニュースを聞いたとき、何じゃこりゃーと正直思いました。何で校長先生が更迭されるんだと。

そして今日のニュース。この教育委員会の対応に対して電話が殺到しているそうです。電話の内容は九割が抗議らしいのです。私は素直に日本人の常識もまだまだ捨てたもんじゃないと思いました。
[PR]
by fumonken | 2008-10-30 22:28 | 日課抄・歳時記 | Comments(1)
Commented by 北川 孟 at 2008-11-02 09:55 x
不合格にするのが、あたり前。人物評価は面接入試の一つの重要な項目。髪型・服装を整えるのは、面接を受ける際の基本的たしなみ。私も大学で面接官になったとき、重点をおいて評価してきました。教育上の立場から、不合格が本人のため。将来、大学卒業時の就職面接の時だけリクルートスーツで臨んでも、企業面接担当者の目が誤魔化せるほど世の中は甘くない。